プレスリリース

DCMホールディングス株式会社

DCMグループ、キャッシュレス決済への取り組みを強化

(PR TIMES) 2019年05月30日(木)18時40分配信 PR TIMES

第1弾として、2019年6月1日(土)から共通会員サービス「マイボ」スタート


 ホームセンター業界最大手のDCMホールディングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO 久田宗弘)は、お客さまへのサービス向上と業務効率の向上を目的にキャッシュレス決済の取り組みを強化します。この第1弾として、全国のDCMグループ(DCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ・DCMくろがねや)の全店舗と自社の通販サイト「DCMオンライン」で利用でき、他の事業者にも加盟いただける共通会員サービス「マイボ」を2019年6月1日(土)からスタートさせます。さらに、2020年以降、電子マネー・交通系電子マネー・NFC決済に順次、対応していきます。

1.第1弾としてグループの会員サービスを統合、「マイボ」を6月1日(土)からスタート

 DCMグループは、これまで事業会社ごとに個別の会員サービスをお客さまに提供してきましたが、お客さまがより便利でお得に店舗や通販サイトをご利用できるようにするため、DCMグループの経営統合(2006年9月)メリットを最大限に活かし、会員サービスを統合します。加えて、地域に根付いた事業を営んでいる他の事業者とも提携を進め、共通ポイントサービスとして展開し、お客さまのよりよいくらしのサポートを強化していきます。共通会員サービス「マイボ」は、ポイント(VOIPO)機能に加え、お客さまの多様化するキャッシュレスニーズにお応えするため、プリペイド型電子マネー(MEEMO)機能を内包しています。具体的には、お客さまがライフスタイルに合わせた選択ができるよう、プリペイド型電子マネー機能一体型クレジットカード「DCMマイボカード」、クレジットカード機能がなくプリペイド型電子マネー機能を搭載する「マイボベーシックカード」およびスマートフォンアプリケーション「マイボアプリ」・「DCMアプリ」の計4種類をご用意します。なお、DCMグループのプリペイド型電子マネー(MEEMO)機能およびクレジットカード「DCMマイボカード」は、株式会社セディナ(東京本社:東京都港区、代表取締役社長 小野直樹)が提供します。

※1:DCMグループの株式会社ケーヨーでは、2019年6月1日(土)より「マイボ」を利用して従来の「D2ポイント」を貯め、利用することはできますが、「D2ポイント」は「マイボ」のポイント(VOIPO)としては利用できません。2020年3月頃、ポイント制度の統合を予定しています。

※2:スマートフォンアプリケーション「DCMアプリ」・「マイボアプリ」は順次、提供開始の予定です。

2.キャッシュレス決済を順次拡充、お買物がますます便利に快適に

 DCMグループでは、お客さまが便利に安心してお買物いただけるよう、共通会員サービス「マイボ」を皮切りに、2020年以降、キャッシュレス決済を拡充していきます。具体的には、電子マネー「iD」、「楽天Edy」、「WAON」、「nanaco」、「Suica」等の交通系電子マネー、NFC(非接触)決済の「Visaのタッチ決済」・「Mastercard(R)コンタクトレス」等に、順次対応していきます。なお、DCMグループ店舗でのキャッシュレス決済の拡充は三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 大西幸彦)を中心とした事業者の協力のもと推進していきます。

<ご参考>:ご利用いただける決済サービス概要
[画像: https://prtimes.jp/i/22024/95/resize/d22024-95-381820-0.jpg ]

※楽天Edyは、従来よりDCMグループの一部店舗で利用可能です。
※記載のサービス名称は、各社の登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る