• トップ
  • リリース
  • メットライフ協賛「BWF ワールド・スーパーシリーズ」の日本開催大会

プレスリリース

メットライフ生命

メットライフ協賛「BWF ワールド・スーパーシリーズ」の日本開催大会

(PR TIMES) 2016年09月06日(火)16時40分配信 PR TIMES

「ヨネックスオープンジャパン2016」とタカマツペアも参加する「バトミントンファミリーデー」のお知らせ

 メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャー)の親会社である米国メットライフは、世界バドミントン連盟(Badminton World Federation : BWF)公認、「メットライフ BWF ワールド・スーパーシリーズ」のグローバルスポンサーです。その大会のひとつである「ヨネックスオープンジャパン2016」が9月20日(火)から25日(日)まで、東京体育館(東京都渋谷区)で開催されます。
 2007年から始まったBWFワールド・スーパーシリーズには、世界ランクトップ選手がシングルスに32人、ダブルスなどに32ペアが出場し、世界各国で12のトーナメントとランキング上位者によるスーパーシリーズファイナルズが行われます。このBWFワールド・スーパーシリーズのうち日本で開催される「ヨネックスオープンジャパン2016」は、6日間のトーナメントで賞金総額30万米ドルの大会です。メットライフは、2014年からBWFワールド・スーパーシリーズのグローバルタイトルスポンサーとなり、健康で前向きなコミュニティをグローバルで育くむことを私たちの重要な使命と捉え、サポートを続けています。

 メットライフによるBWFワールド・スーパーシリーズへの協賛について、メットライフ生命 代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャーは次のように述べています。「今年35回目を迎え伝統と権威を誇るヨネックスオープンジャパンの開催にあたり、BWFとのパートナーシップを深めることにお喜び申し上げるとともに、選手、大会関係者ならびに来場される皆さまへお礼とお祝いを申し上げます。日本のメットライフとBWFは、長きにわたる歴史を共有するだけでなく、ともにヘルス&ウェルネスを促進する上で共通のビジョンを持っています。このパートナーシップはお客さまの健康や未来を見据えてサポートするという私たちのコミットメントをより強く示すものです」。

 大会期間前の9月11日(日)には「メットライフ生命プレゼンツ ヘルス&ウェルネスイベント2016 バドミントンファミリーデー」をコナミスポーツクラブ品川本店アリーナ(東京都品川区)で実施します。このイベントは、保険商品で経済的なリスクをカバーするだけでなく、お客さまの健康で前向きな毎日をサポートするという当社の新たな取り組みである「ヘルス&ウェルネス」の一環として行うもので、トップ選手によるバドミントンレッスンやゲームなどを楽しめるブース、プレゼント抽選会などを予定しています。さらに、スペシャルゲストとして元バドミントン日本代表の潮田玲子さんをお招きしたトークショーの他、リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルス金メダリストである「タカマツペア(高橋礼華選手と松友美佐紀選手)」の本ファミリーデーへの参加も確定致しました。

 また、大会期間中の24日(土)、25日(日)の2日間には、東京体育館に当社のブースを出展し、バドミントンによる的当てゲーム、ブース先着来場者への特別企画等を実施して大会を盛り上げます。

                                                 以上

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る