• トップ
  • リリース
  • 「第4回 全国ゲストオペレーター接客応対コンテスト」開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ヤマト運輸株式会社

「第4回 全国ゲストオペレーター接客応対コンテスト」開催

(PR TIMES) 2017年02月27日(月)15時23分配信 PR TIMES

〜 優勝は 兵庫主管支店 峰山センター 中西さん 〜

 ヤマトホールディングス株式会社傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長 長尾 裕 以下ヤマト運輸)は、2月24日(金)羽田クロノゲートにおいて、接客応対品質向上の取り組みとして、「第4回 全国ゲストオペレーター接客応対コンテスト」を開催しましたので、お知らせいたします。
1.開催の目的
 全国約4,000カ所の営業所では、日々お客さまと接しながらサービスを提供する「ゲストオペレーター(営業所で荷物の受付や接客応対を行う社員)」が約14,000名在籍しています。本大会は、ゲストオペレーターが日頃の業務を全国規模で披露する機会を創出し、一人ひとりのモチベーションアップを図り、手本となる接客応対を全社的に浸透させることを目的として、平成26年より毎年開催しております。

2.開催内容
(1)開催日 :平成29年2月24日(金)
(2)開催地 :羽田クロノゲート(東京都大田区羽田旭町11-1)
(3)出場者 :15名
        全国の10支社の予選を勝ち抜いたゲストオペレーター14名
       (東京・関東・中部・関西は各2名、その他の6支社は各1名)と沖縄ヤマト運輸代表1名
(4)審査内容:基本的な接客応対、商品知識やコミュニケーションスキルなどについて審査を行いました。

3.受賞者
優勝  兵庫主管支店 峰山センター   中西 真弓さん
準優勝 京都主管支店 東山五条センター 米倉 あずささん

4. 優勝者コメント
全国一位になることができ、大変うれしく思っています。応援してくださった支社、主管支店、センターの皆さんに感謝します。
大会に向けた準備の過程の中、あらためて「お客さま目線」で考えることの大切さに気づくことができたのは、大きな収穫でした。
今回得られた経験や知識をもとに、もっと地域の皆さまに喜んでいただける、笑顔があふれる接客を心がけていきたいと思います。


[画像1: https://prtimes.jp/i/14314/91/resize/d14314-91-631753-0.jpg ]

コンテストの様子 来店したお客さまに説明を行う中西さん

5.出場者

[画像2: https://prtimes.jp/i/14314/91/resize/d14314-91-789868-1.jpg ]

6.社長コメント
競技は8分という時間で行われましたが、実際日々の仕事では、ゆっくりと時間をかけたコミュニケーションを図れないことも少なくありません。忙しい時間帯には、それに合わせた応対が必要となりますが、どのような状況でも、お客さまに良い印象を持っていただくには、良い笑顔を提供できることが非常に大切だと感じています。
今回出場された方を中心に、素晴らしい「笑顔の輪」を全国のセンターにつなげていただき、より良いサービスをお届けしていきましょう。

[画像3: https://prtimes.jp/i/14314/91/resize/d14314-91-175995-2.jpg ]

参加した15名のゲストオペレーター、長尾社長(中段左から6番目)と審査員



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る