• トップ
  • リリース
  • 熊本県庁に「いぐさペイント」販売開始を報告しました〜いぐさの新しい需要創造に県も期待〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

日本ペイントホールディングス株式会社

熊本県庁に「いぐさペイント」販売開始を報告しました〜いぐさの新しい需要創造に県も期待〜

(PR TIMES) 2017年05月15日(月)18時07分配信 PR TIMES

日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:田堂哲志)のペイントブランド「ROOMBLOOM」(ルームブルーム)は、熊本県産いぐさを原材料として配合した植物由来塗料「ROOMBLOOM いぐさペイント」を17年4月28日に販売開始したことを、5月15日、熊本県庁を訪問し、小野泰輔副知事にご報告しましたのでお知らせします。
 面談は終始和やかに進行し、小野副知事は、「いぐさは生産量がピークの1/10になり、新しい市場を作ることが命題になるなか、開発開始から3年で市場導入に到達したことに驚き、また嬉しく思います。本ペイントはいぐさの端材を活用できるため、農家の収益向上につながり、また九州大学大との共同研究により、いぐさの持つ効能を客観的なデータとして示すことで、いぐさの魅力が熊本から全国に広がることを期待しています」とのコメントをいただきました。
 当社も微力ながら震災復興支援につながることを期待すると応えました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7223/91/resize/d7223-91-627765-1.jpg ]


※今後、東京・大阪地区でのサービス提供開始も予定しています。(時期未定)


[画像2: https://prtimes.jp/i/7223/91/resize/d7223-91-498362-0.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る