• トップ
  • リリース
  • メットライフ生命、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション(ODD)」に   2015年度は、4団体へ4,210万円を寄付

プレスリリース

  • 記事画像1

メットライフ生命

メットライフ生命、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション(ODD)」に   2015年度は、4団体へ4,210万円を寄付

(PR TIMES) 2016年08月04日(木)16時12分配信 PR TIMES

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャー)は、2016年8月1日、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション(ODD)」による寄付、総額4,210万8,525円(当社代理店からの寄付分を含む、2014年12月〜2015年12月分)を次の4団体へ贈呈いたしました。
         ・一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
         ・公益財団法人がん研究会
         ・認定NPO法人全国盲導犬施設連合会
         ・公益財団法人エイズ予防財団

 「ワンダラー・ドネーション(ODD)」は、社会貢献を目的として、当社商品の新規契約数1件につき1ドル相当を積み立てた基金から寄付を行う活動です。本取り組みに賛同する当社のコンサルタント社員(2015年度:3,653名)、およびメットライフ全国代理店会連合会(会長:西廣 隆志)*の賛同のもと、本取り組みに参加する当社の代理店(2015年度:3,220店)が、新規契約1件につき50セント相当を拠出するとともに、当社が同額をマッチングすることで1件につき1ドル相当を積み立てています。

 生命保険販売という、日々の営業活動と社会貢献への思いが結集したODDによる寄付額は、2006年12月に開始後、総額3億7,818万円となり、難病とたたかっている子どもたちの夢をかなえる活動、がん研究・治療に携わる医療関係者への研究・教育への支援、盲導犬の育成支援、エイズに関する知識の啓発・普及にそれぞれ役立てられています。

 当社は『人生の「もっと」をかなえる応援をします』をミッションとしています。社会の一員として、人生を懸命に生きる人々の思いや夢を、事業やさまざまな社会貢献活動を通じて応援していく取り組みを今後も行ってまいります。

* メットライフ全国代理店会連合会…「最高のサービスと付加価値の提供」を目指す、メットライフ生命の「プロフェッショナル代理店」によって運営される全国58の地区代理店会の連合組織。1992年に会員相互の研鑚と繁栄を目的に発足し、メットライフ生命と共存共栄のもと発展・拡大を続けています。

[画像: http://prtimes.jp/i/5541/91/resize/d5541-91-620082-0.jpg ]

(左から)メットライフ全国代理店会連合会 西廣隆志会長、一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン 鈴木朋子東京本部事務局長、認定NPO法人全国盲導犬施設連合会 篠田林歌理事 事務局長、公益財団法人がん研究会 小路真理事 経営本部副本部長、公益財団法人エイズ予防財団 木村哲理事長、当社代表執行役 会長 社長 最高経営責任者 サシン・N・シャー
                                                 以上

(別紙)
【寄付先団体の活動概要】
1.一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
メイク・ア・ウィッシュは1980年に米国のアリゾナ州で設立。「難病と闘うこども一人ひとりの夢をかなえること」を目的に活動する世界最大の「願いをかなえる(wish granting)」ボランティア団体。メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは、その正式な日本支部として1992年12月に設立され、難病の子どもたちが心に描いている夢を実現するため、経済的・人的なサポートを行い、病気と闘う勇気や今を生きる喜びを感じて欲しいと願っている。2015年は、「イルカと泳ぎたい」「電車の表示幕を動かしてみたい」「プリンセスになりたい」など175人の夢をかなえることができた。

2.公益財団法人がん研究会
公益財団法人(公財)がん研究会は、「がん克服をもって人類の福祉に貢献する」ことを目的基本理念に、1908年に設立された日本最初のがん専門機関で、1934年、研究所と附属病院を設置し、本格的な研究と診療を開始。以来、民間の施設でありながら80年にわたり基礎研究、臨床研究が一体となった活動により、日本のがん研究と診療医療をリードしている。また、700床の有明病院では、優れた医療スタッフや先進の医療機器をそろえ、がん及び関連疾患の診断や治療に優秀な成績を挙げると共に、研究所と連携した臨床研究によって、新しい治療法の開発などに意欲的に取り組んでいる。2015年の主な活動実績として、建築中の新棟が完成し本年1月より稼働を開始した他、進行がんに共通した染色体異常原因の分子レベルでの解明に世界で初めて成功するなど、がん悪化の原因を狙い撃ちする新しい治療薬の開発に道を拓いた。

3.認定NPO法人全国盲導犬施設連合会
1995年4月に設立、2008年6月法人化。国家公安委員会の指定を受け盲導犬を育成している、(公財)北海道盲導犬協会、(公財)東日本盲導犬協会、(公財)日本盲導犬協会、(社福)中部盲導犬協会、(公財)関西盲導犬協会、(社福)日本ライトハウス、(社福)兵庫盲導犬協会、(公財)九州盲導犬協会の8施設が加盟。全国の盲導犬育成施設が緊密な連携をもち、盲導犬の育成・普及事業の発展をはかり、視覚障害者の自立と社会参加に寄与することを目的に活動。2015年は加盟施設が実施する盲導犬無償貸与事業へ助成し、33頭の盲導犬育成を支援した。

4.公益財団法人エイズ予防財団
公益財団法人エイズ予防財団は、1987年、厚生省の許可を得て設立された。HIV感染症・エイズに関して、正しい知識の普及啓発、予防・診断・治療等の研究の支援、情報の収集・提供、国際交流の推進等を通じてその予防とまん延の防止を図るとともに、エイズ等の流行に影響を受けている人々の人権の尊重と偏見・差別の解消に努め、国民の保健福祉の向上に寄与することを目的としている。2015年の主な活動として、HIV感染者等に対する支援・相談事業等を行う民間ボランティア団体4件への助成、エイズ予防啓発のための街頭キャンペーンの実施、全国のエイズイベントの情報集約と広報支援としてのサイト「コミュニティ・アクション」の運営、ACジャパンとの協力によるHIV検査促進の広告「受ける、理由。」の放映・ポスター配布を行った。

※各支援先団体はODD以外にも個人、団体からの寄付、助成を受けて活動を行っています。

【メットライフ生命について 】
メットライフ生命は、日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、多様な販売チャネルを通して、個人・法人のお客さまに革新的かつ幅広いリスクに対応できる商品を提供してまいりました。現在は日本法人「メットライフ生命保険株式会社」として、お客さまに常に寄り添い、お客さま自らが自信を持って最適な保障を選ぶお手伝いをし続けることに努めています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る