• トップ
  • リリース
  • ヒルトン・グランド・バケーションズが株式会社として独立

プレスリリース

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ

ヒルトン・グランド・バケーションズが株式会社として独立

(PR TIMES) 2017年01月05日(木)19時43分配信 PR TIMES

ヒルトンから独立したグローバル・ホスピタリティカンパニーがニューヨーク証券取引所で取引開始


オーランド・フロリダ州、2017年1月4日-世界をリードするタイムシェア・カンパニーであるヒルトン・グランド・バケーションズ(以下HGV)(NYSE:HGV)が本日ヒルトンの傘下から離れ、株式会社として独立しましたことをご連絡いたします。本日より、“HGV”の銘柄コードでニューヨーク証券取引所(“NYSE”)にて通常取引が開始されます。

HGVのプレジデント&チーフ・エグゼクティブ・オフィサー(CEO)のマーク・ワンは以下のように述べています。「25年前に設立して以来、HGVはタイムシェアビジネスにおける成長をリードしてきました。株式会社としての独立は、HGVの歴史における次なる段階の始まりであり、記念すべきことです」

「HGVの経験豊かなマネジメントチーム、考え抜かれた戦略、将来の新たなチャンスを活かす資本を基に、HGVの成功を持続していくことができるよう尽力してまいります。HGVに信頼を寄せてくださるクラブメンバー様および株主の皆様に最大の価値を提供し、世界各地に散らばる8,000を超えるチームメンバーと共にこの素晴らしいマイルストーンを共有できることを大変嬉しく思います」

1992年に設立され、フロリダ州オーランドに本社を持つHGVは急成長しているタイムシェア・カンパニーです。バケーション・オーナーシップのマーケティングと販売、選りすぐりのリゾート地や都市にあるリゾートの管理、ポイント制度を介したバケーションクラブの運営を行いながら、260,000人を超えるクラブメンバー様にご愛顧いただいております。HGVの47のコンドミニアムスタイルの高級リゾートは、ハワイ諸島、ニューヨーク、オーランド、ラスベガスなど人気バケーション地に立地し、最高級のアメニティと質の高いヒルトンのサービスが特徴です。

「HGVは引き続き、理想的なサービスと最高の顧客経験を提供するために、戦略的な投資を通じてグローバル規模でのビジネスの拡大および資本効率にフォーカスしたビジネスモデルの実践を進めていきます」とワンは語りました。

HGVはヒルトン・ブランドと今後とも密に連携し、ヒルトン・グランド・バケーションズ・ブランドの下で今後100年間に渡りリゾートのマーケット、販売、運営を行うライセンス契約を結びました。HGVのクラブメンバー様は引き続き、4,800を超えるヒルトンホテルとHオナーズプログラムの特典にアクセスしていただくことができます。

このほどHGVは下記のエグゼクティブティームと役員を発表いたしました。

· Mark Wang、プレジデント&チーフ・エグゼクティブ・オフィサー
· James Mikolaichik、チーフ・ファイナンシャル・オフィサー
· Michael Brown、チーフ・オペレイティング・オフィサー
· Charles Corbin、チーフ・リーガル・オフィサー
· Barbara Hollkamp、チーフ・ヒューマン・リソーシス・オフィサー
· Stan Soroka、チーフ・カスタマー・オフィサー

役員(Board of Directors):
・Brenda J. Bacon、プレジデント&CEO、Brandywine Senior Living
・Kenneth A. Caplan、 シニア・マネージング・ディレクター&グローバル・チーフ・インベストメント・オフィサー、Blackstone's Real Estate Group、a division of The Blackstone Group
・David W. Johnson、プレジデント&CEO、Aimbridge Hospitality
・Mark Lazarus、会長、NBC Sports Group
・Pamela Patsley、エグゼクティブ会長、MoneyGram International
・Leonard A. Potter (board chair)、プレジデント&チーフインベストメントオフィサー、Wildcat Capital Management
・Paul W. Whetsell、プレジデント&CEO、CapStar Hotel Company

2017年1月10日にHGVエグゼクティブチームとチームメンバーのグループは、午前9時半(アメリカ東部標準時間)、ニューヨーク証券会社で開始と告げる鐘を鳴らし、独立を祝す予定です。上場セレモニーの様子はNYSEのウェブサイトでライブ発信されます。


将来性の見通しに関する記述

このプレスリリースには、1993年Securities Actの27A(その改正を含む)、1934年Securities Actの21E(その改正を含む)に定義する「将来の見通しに関する記述」に該当する情報が記載されています。これらの記述には、独立に関するものとそれに伴う特典およびその他の歴史的事実以外のものを含みますが、それに限られたものではありません。英文において"outlook," "believes," "expects," "potential," "continues," "may," "will," "should," "could," "seeks," "projects," "predicts," "intends," "plans," "estimates," "anticipates"そしてその否定形とそれと同じ意味の言葉は全て将来の見通しに関する記述に該当します。このような将来の見通しに関する記述は多様なリスクと不確定要素により影響を受けることがあり、タイムシェアに伴うリスク、独立に伴う財務状況のリスク、私共がコントロールできないマクロ経済要因、タイムシェア販売競争、第三者開発者との業務提携におけるリスク、情報技術システムのパフォーマンス、米国以外の国での業務とその負債のリスク、そして2016年11月30日に米国証券取引委員会(SEC)に提出したRegistration Statement (登録届出書)10-Kフォームの“Risk Factors(リスク要因)”の項目に掲載されている要因を含みますが、それに限られたものではありません。これらの記述とは異なる結果の原因となる重要な要因が存在し、将来的にも存在する可能性があります。これらの要因が全て網羅されていると解釈されるべきではなく、このプレゼンテーションや SEC への提出書類に含まれている注意書きと併せて読む必要があります。当社は、当該資料に記載されている将来予想に関する記述について、新たな情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、法律で求められている場合以外は、内容を更新し公表する責任を負いません。


ヒルトン・グランド・バケーションズについて

商号を「ヒルトン・グランド・バケーションズ」とするヒルトン・グランド・バケーションズ・カンパニーは、世界をリードする一流のホスピタリティ企業として知られています。フロリダ州オーランドを本拠とし、第一級の行楽地におけるタイムシェア・リゾートの企画・開発・販売・運営を行うと共に、ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ(R)およびヒルトン・クラブ(R)を運営しています。現在260,000組を越えるクラブメンバーの皆さまに、厳選された質の高いリゾート交換プログラム、観光旅行、予約サービスを提供しています。日本では、ヒルトン・リゾーツ・コーポレーション(東京都新宿区西新宿:代表 岡田俊夫)が事業を運営しています。詳細はhttp://www.hgvc.co.jp/, http://www.hiltongrandvacations.com/, www.clubtravelerjapan.com にてご確認ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る