• トップ
  • リリース
  • “RAYZ Rally”「XW-LTS5」を使った電話会議で人数やシーンに応じた音質最適化が可能に〜iPhoneの活用を広げるためのファームウェアと専用アプリケーションを無償アップデート〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社

“RAYZ Rally”「XW-LTS5」を使った電話会議で人数やシーンに応じた音質最適化が可能に〜iPhoneの活用を広げるためのファームウェアと専用アプリケーションを無償アップデート〜

(PR TIMES) 2017年11月16日(木)14時01分配信 PR TIMES

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:荒木 健)は、
スピーカーフォン“RAYZ Rally”(以下、「RAYZスピーカーフォン」)「XW-LTS5」、Lightning接続専用ノイズ
キャンセリング機能付きインナーイヤーヘッドホン“RAYZ Plus”「SE-LTC5R」、“RAYZ”「SE-LTC3R」(以下、
「RAYZイヤホン」)のファームウェア及びその専用アプリケーション「Pioneer Rayz」(以下、「RAYZアプリケ
ーション」)の無償アップデートによる機能拡張を行い、より使いやすい環境をご提供します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13593/90/resize/d13593-90-438430-0.jpg ]

 このたびのRAYZアプリケーションのアップデートにより、RAYZスピーカーフォンのアプリケーション上で、
RAYZスピーカーフォンを使用した電話会議の際に人数やシーンに応じて最適な音質が選べる機能を追加しまし
た。これによりパーソナル、少人数、会議室、そして外出先とさまざまな環境下に合わせた最適な音質を簡単に選
ぶことができます。従来に比べ部屋の反響やノイズといった音への悪影響を抑えることが可能になる為、より会話
しやすい音でストレスのない電話会議が実現できます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/13593/90/resize/d13593-90-735303-1.jpg ]

 他にも、発売後のユーザーフィードバックを受けて同アプリケーションのRAYZイヤホンアプリケーション上
で、HearThru機能へ新たに2つのモードが追加されました。HearThruはイヤホンを外さずに外部の音も取り込め
る機能で周囲にも容易に注意をはらうことができます。今回2つのモードの追加でHearThru使用時の音楽再生の
細かな設定が可能になり、さらに便利に使えます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/13593/90/resize/d13593-90-856487-2.jpg ]

RAYZシリーズは、アプリケーション・ファームウェアのアップデートにより、機能を追加できるiOSデバイスの
アクセサリです。今後も、ユーザーの方々に新たな体験や利便性を感じていただけるよう、さまざまな機能強化
を図ってまいります。

その他の詳細につきましては、以下をご覧ください。
■ノイズキャンセリングインナーイヤーヘッドホン「RAYZ Plus(SE-LTC5R)」、「RAYZ(SE-LTC3R)」、
 スピーカーフォン「RAYZ Rally(XW-LTS5)」無償機能アップデート開始のお知らせ
http://jp.pioneer-audiovisual.com/support/oshirase_etc/info.php?linksource=66


* 「Pioneer」及び「Pioneerロゴ」は、パイオニア株式会社の商標であり、ライセンスに基づき使用されていま
  す。
* Apple、iPad、iPad Pro、iPod touchおよびSiriは、いずれも米国およびその他の国々で登録されたApple
  Inc.の商標です。iPad Air、iPad miniおよびLightningはApple Inc.の商標です。
* iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
* IOSは、US他の国々でCiscoが商標権を有する商標です。
* RAYZおよびHearThruはAppcessori社の商標です。
* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。
* 記載されているその他の会社名および製品・技術名・役務名等は、各社の登録商標または商標です。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る