• トップ
  • リリース
  • ブロケード、仮想環境の容易、かつ迅速な導入の実現に向けてEMCおよびネットワールドとの連携を強化

プレスリリース

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

ブロケード、仮想環境の容易、かつ迅速な導入の実現に向けてEMCおよびネットワールドとの連携を強化

(PR TIMES) 2015年07月08日(水)11時24分配信 PR TIMES

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社は本日、EMCの「EMC VSPEX BLUE」の販売におけるEMCジャパン株式会社、株式会社ネットワールドとの連携を強化し、国内での取り組みを拡大していくことを発表しました。
2015年7月8日
《プレスリリース》
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

ブロケード、仮想環境の容易、かつ迅速な導入の実現に向けてEMCおよびネットワールドとの連携を強化

〜ハイパー コンバージド インフラストラクチャ「EMC VSPEX BLUE」によるネットワークを含めた包括的仮想化ソリューションをNetworld Fes 2015 においてEMCジャパンと共に展示〜

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:青葉 雅和)は本日、EMCのハイパー コンバージド インフラストラクチャ「EMC VSPEX BLUE(ヴイスペックス ブルー)」によるネットワークを含めた包括的仮想環境の容易、かつ迅速な実現に向けて、EMCジャパン株式会社(以下EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦)、およびEMC VSPEX BLUEのディストリビュータである株式会社ネットワールド(以下ネットワールド、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森田 晶一)との連携を強化し、国内での取り組みを拡大していくことを発表しました。

EMC VSPEX BLUEは、EMCが提供するハイパー コンバージド(超垂直統合型)インフラストラクチャ・アプライアンスで、VMware EVO:RAIL(エボレイル)とEMCソフトウェア(EMCセキュアリモートサポート(ESRS)、VSPEX BLUE Manager、CloudArray(クラウドアレイ)、RecoverPoint(リカバーポイント)、データ保護製品など)を基盤にしており、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、管理環境を2Uのサーバに組み込んだパッケージの形で提供されます。

EMC VSPEX BLUEで構成されるネットワーク・スイッチには、イーサネット・ファブリック対応Brocade(R) VDX(R)スイッチのEMC OEM版である「EMC Connectrix VDX-6740B」IPストレージ・スイッチが使用されており(*)、ネットワールド社から販売されるVSPEX BLUEにおいても、スイッチが含まれる場合には、同スイッチが標準で構成されることになります。これにより、VSPEX BLUEの保守・サポートは、ネットワーク・スイッチを含めて一元的にEMCジャパンより提供され、ユーザ企業や販売代理店は柔軟、かつ迅速なサポートサービスを受けることができることになります。

(*)本年2月26日付報道資料「ブロケード、業界初となるEMC Connectrix向けIPストレージ・スイッチを発表」(http://www.brocadejapan.com/news/20150216 をご参照下さい。

●コメント

*EMCジャパン株式会社 代表取締役社長:大塚 俊彦 氏
「EMC VSPEX BLUEの最大の特長のひとつは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、および管理環境を包括的に提供し、容易かつ迅速に導入できるようにした点です。そして、ブロケードの強力なイーサネット・ファブリック技術を搭載したEMC Connectrixスイッチは、仮想環境をシンプルに実現するというそのコンセプトにおいてVSPEX BLUEの価値を最大化するものであり、より一層の俊敏性が求められる企業やサービス・プロバイダのお客様に向けて、ビジネスを支える強力なITインフラの提供をブロケードと共にさらに推進していくことを大変喜ばしく思います」

*株式会社ネットワールド 代表取締役社長 森田 晶一 氏
「EMC VSPEX BLUEのコンポーネントとしてEMC Connectrixスイッチを共に導入することで、お客様はネットワークまでを含めてシンプル、かつ迅速に仮想環境を構築できるようになります。一方、スイッチまでを含めて、VSPEX BLUEのサポートをEMCジャパンから一元的に得られることで、当社、および当社の販売代理店はお客様に安心してVSPEX BLUEを提案し、導入することができるようになります。今後は、EMCジャパン、およびブロケードとの緊密な連携のもと、同ソリューションの拡販に努めてまいりたいと存じます」

●「Networld Fes 2015」においてEMC Connectrixを含むVSPEX BLUEをEMCジャパンと共同出展
ブロケードはEMCジャパンと共に、本年7月10日(金)に東京カンファレンスセンター・品川で開催されるネットワールド主催セミナー「Networld Fes 2015」(http://www.networld.co.jp/networld_fes2015/main.htm)に共同で出展いたします。ネットワールドのパートナー企業、ITプロフェッショナル、ユーザ企業の経営者や情報システム担当者を対象にしたこのセミナーでは、パブリック、クラウド、オンプレミスにおける最新技術、製品、サービスの数々とそのさまざまな組み合わせが紹介されます。

「Networld Fes 2015」におけるブロケードの講演および出展内容は、以下の通りです。

・ブロケードの講演:
7月10日(金)14:15 〜 15:15(Room 406)
「EMCが誇るハイパー コンバージド インフラ “VSPEX BLUE” ご紹介」
ハイパー コンバージド インフラ 「VSPEX BLUE」 は、EVO:RAILをベースにEMC独自の機能を搭載し他社にないバリューを提供します。さらに、ネットワークには、ブロケードがEMCにOEM提供した“つなぐだけ” の Connectrix VDX-6740B が最適!クラウド環境の導入を検討中の方、インフラはオールインワン!です。従来の機器選定〜導入までのフローと比較した5番勝負は必聴です!


EMCジャパン株式会社 パートナーSE部 プリンシパルSE
三保 尚澄 氏

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社 Cloud Technology Office プリンシパル アーキテクト
中本 滋之

・ブロケードの展示(EMCジャパンブース):
EVO:RAILをベースにしたハイパー コンバージド インフラ 「EMC VSPEX BLUE」 をご紹介します。 さらにVSPEX BLUEに最適で、「クイックスタート」「ワンストップサポート」「シンプルスケールアウト」が可能な 「EMC Connectrix VDX-6740B」 もご紹介します。

●Brocadeについて:
ブロケード(Nasdaq:BRCD)のネットワーク・ソリューションは、アプリケーションと情報が各所に遍在する仮想化世界への移行を容易にします。詳細については、当社ウェブサイト( www.brocadejapan.com )をご覧になるか、japan-info@brocade.com までお問い合わせ下さい。

注記:ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、The Effortless Network、VCS、VDX、Vplane、およびVyattaは登録商標であり、Fabric Vision、およびvADXは、米国またはその他の国におけるBrocade Communications Systems Inc.の商標です。その他のブランド、製品名、サービス名は各所有者の製品またはサービスを示す商標またはサービスマークである場合があります。また、記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。
(C)2015 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

=======================================================
本プレスリリースに関する報道関係の方のお問い合わせ:
ブロケードPRオフィス
電話:03-6454-6930
FAX:03-5204-9180
eメール:brocade@ambilogue.com

ブロケード製品に関するお問合わせ:
ブロケード コミュニケーションズ システムズ 株式会社
マーケティング本部
電話:03-6203-9100(代表)
FAX:03-6203-9101
eメール:japan-info@brocade.com
=======================================================
以上

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る