プレスリリース

ボルボ・カー・ジャパン株式会社

ボルボ・カーズ、2019年から全モデルを電動化へ

(PR TIMES) 2017年07月05日(水)14時35分配信 PR TIMES

本プレスリリースは、中央ヨーロッパ標準時間 7月5日(水)午前6時 (日本時間 同日午後1時)スウェーデン本社発、プレスリリースの翻訳版です

ボルボ・カーズは、内燃機関(ICE)のみを搭載した車の歴史的な終焉を発表。2019年以降に発売される全てのボルボ車にエレクトリックモーターを搭載し、電動化を将来の事業の中心に据えることを明らかにしました。
この発表は電動化に取り組む全ての自動車メーカーにとって最も大きな転換期の一つを意味しており、内燃機関の発明から1世紀以上を経て電動化が自動車の歴史における新たな章の幕開けとなることを明確に示します。

「この発表はお客様のニーズを追求した結果です。人々はますます電動化された車を求めており、我々はお客様の現在と将来のご要望にお応えして参ります。お客様はお好みの電動化されたボルボ車を選択することができるようになります。」とボルボ・カーズ社長兼CEOのホーカン・サムエルソンは述べました。

ボルボ・カーズは全モデルに、電気自動車、プラグインハイブリッド車、もしくはマイルドハイブリッド車をラインアップします。

また、2019年から2021年の間に5台の電気自動車を発売し、そのうち3台はボルボ・モデル、2台はポールスターのハイパフォーマンスカーであり、ポールスターのモデル詳細については後日発表される予定です。

これらの5台に加えて、全モデルにガソリンおよびディーゼルのプラグインハイブリッド、もしくは48Vのオプションを備えたマイルドハイブリッドを用意し、自動車メーカーの中で最も幅広い電動化された車を提供します。

このことは、将来全てのボルボ車にエレクトリックモーターが搭載され、純粋なICEは徐々に生産を縮小し、  これまでのICEから電動化されたICEに代わっていくことを意味しています。

「この発表はICEのみによって走る車の終焉を告げます。ボルボ・カーズは、かねてより2025年までに100万台の電動化したボルボ車を販売すると明言して参りました。今回の発表は、この目標の実現に向けた強い決意の表れであり、その道筋を具体的に示すものです。」とサムエルソンCEOは述べました。

今回の発表は、環境への影響を低減して未来の都市をよりクリーンにするボルボ・カーズの取り組みを明確に示しています。ボルボ・カーズは、その製品と事業の双方でCO2の削減に重点を置いています。2025年までに気候変動に影響しない生産事業を行うことを目指します。

この決定は、ボルボ・カーズがポールスターを別ブランドの新しいハイパフォーマンスカーのグローバル企業に転換するという先月の発表に続くものです。ボルボ・カーズのデザイン担当上級副社長であるトーマス・インゲンラートがCEOとしてポールスターを率います。

報道関係各位

この発表内容について、ストックホルムのボルボ・カーズ・スタジオで本日、中央ヨーロッパ標準時午後1時(※日本時間の7月5日午後8時)から記者会見を行います。現地の会見に出席できないメディアの皆様は、以下の ウェブ放送(http://live.volvocars.com/index2.html?20170705)で記者会見の様子をご覧いただくことができます。こちらのウェブ放送では、ボルボ・カーズのホーカン・サムエルソンCEOと研究開発担当の上級副社長であるヘンリック・グリーンへ直接質問も受け付ける予定です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る