• トップ
  • リリース
  • 春の行楽シーズン到来!ヘルシーで社会貢献もできるお弁当でお出かけしよう!松屋浅草・小田急百貨店新宿店がTABLE FOR TWO寄付つき食料品を販売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International

春の行楽シーズン到来!ヘルシーで社会貢献もできるお弁当でお出かけしよう!松屋浅草・小田急百貨店新宿店がTABLE FOR TWO寄付つき食料品を販売

(PR TIMES) 2017年04月11日(火)15時27分配信 PR TIMES

百貨店が続々とTABLE FOR TWOプログラムに参加

日本発、世界の食料問題の解決に取り組むNPO法人TABLE FOR TWO International(東京都港区、代表 小暮 真久、 以下TFT)に賛同した松屋浅草と小田急百貨店新宿店は、食料品売り場でTABLE FOR TWO寄付つきのお弁当・惣菜を販売します。また、三越銀座店の従業員食堂では、TABLE FOR TWO寄付つきメニューの販売を開始し、大丸松坂屋百貨店では、店内レストランと従業員食堂で寄付つきメニューを販売します。さらに、小田急百貨店新宿店では、店内ウオーキングイベントでも参加者の歩数に応じた寄付を実施します。春の行楽シーズンを迎え、百貨店が続々とTABLE FOR TWOプログラムに参加します。今年の春は、ヘルシーで社会貢献もできるお弁当でのお出かけを提案します。(日程については以下参加概要参照)
[画像1: https://prtimes.jp/i/8886/88/resize/d8886-88-719846-0.jpg ]

 “TABLE FOR TWO”は、先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の一部が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食をプレゼントできる社会貢献活動です。気軽に社会貢献活動とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、企業の社員食堂やレストランを中心に、約650団体が参加しています。
 近年、TFTは個人が日常生活の中で参加できるプログラムの拡充により注力しており、一方、百貨店はライフスタイル提案型の売り場づくりに力を入れています。お客さまに健康的な食生活と気軽な社会貢献を提案できるTFTプログラムの導入は、このような双方のニーズに合致し、新たにTFTプログラムに参加する百貨店が続々と増えています。

各百貨店の参加概要


松屋浅草(初参加):地階食品「浅草ごちそう横丁」の9店舗でTFT寄付つき商品9品を販売(2017年4月12日より通年で参加)
小田急百貨店新宿店(初参加):本館地下2階食料品売場、ハルク地下2階ハルクフードの10店舗でTFT寄付つき商品10品を販売(4月26日〜5月7日)、店内ウオークラリーイベント「みんなでウオーク&チャレンジ!by TIPNESS」に参加した方の歩数に応じて寄付を実施(5月3日)
三越銀座店(初参加):従業員食堂でTFT寄付つきメニューを販売(4月7日より通年で参加)
大丸松坂屋(2013年〜参加):レストラン街と従業員食堂で「春のTABLE FOR TWOフェア」を実施(5月17日〜6月27日)


松屋浅草(初参加):地階食品売り場9店舗でTFT寄付つき商品9品を販売
4月12日(水)より、地階食品「浅草ごちそう横丁」の9店舗で、「テーブル・フォー・ツーフェア」を実施。各店でヘルシー弁当や惣菜合計9品を提供し、1食あたり20円をアフリカ・アジアの子どもたちの学校給食として寄付します。4月15日(土)には、TFTを紹介するブースを出展し、学生ボランティアが活動の説明とフェアの案内を行います。
[画像2: https://prtimes.jp/i/8886/88/resize/d8886-88-778068-1.jpg ]

〔商品ラインナップ〕
ゆしま扇「Help each other弁当」1,208円、神田明神下みやび「羽衣」1,100円、草津亭「料亭の作る栄養バランス弁当」1,100円、おこわ米八「カレイ照り焼き和風膳」1,100円、たれ半「和風ローストビーフ弁当」1,350円、すし栄「まぐろさば寿司」1,500円、東信水産「アボカド丼」718円、チャンロイ「タイ風チラシ寿司弁当」711円、おかず道楽「肉じゃが」614円

小田急百貨店新宿店(初参加): TFT寄付つき商品10品販売、歩数に応じ寄付するイベント開催

[画像3: https://prtimes.jp/i/8886/88/resize/d8886-88-256131-2.jpg ]


4月26日(水)〜5月7日(日)の期間中、本館地下2階食料品売場、ハルク地下2階ハルクフードで、「ヘルシーメニューでウエルネス&チャリティー」フェアを実施。ヘルシーなお弁当・惣菜を提供し、1食あたり20円をアフリカ・アジアの子どもたちの学校給食として寄付します。また、5月3日(水)には、参加者全員の歩いた歩数の合計1,000歩につき20円を寄付するイベント「みんなでウオーク&チャレンジ!by TIPNESS」を開催します。
これらの企画は、小田急百貨店新宿店の開店55周年を記念したゴールデンウイークイベントの一環であり、期間中は、館内各所で“ウエルネス”を体験することができます。

写真:「みんなでウオーク&チャレンジ!by TIPNESS」企画における体内組成測定イメージ(TIPNESS提供)

三越銀座店(初参加):従業員食堂でTFT寄付つきメニューを販売
三越銀座店の従業員食堂でTFT寄付つきメニューを提供し、1食につき20円をアフリカ・アジアの子どもたちの学校給食として寄付します。

大丸松坂屋:レストラン街と従業員食堂で、「春のTABLE FOR TWOフェア」を実施
5月17日(水)〜6月27日(火)の期間中、Jフロントフーズが展開する大丸松坂屋各店レストランにおいて、チャリティーヘルシーメニューを販売し、1食につき20円をアフリカ・アジアの子どもたちの学校給食として寄付します。

[画像4: https://prtimes.jp/i/8886/88/resize/d8886-88-127232-3.jpg ]


<実施店舗・レストラン>
大丸:梅田店(鶴群、ピープル)、京都店(讃兵衛、たづむら、café ゆとりの空間、ファミリー食堂、バルダルノ)、神戸店(讃兵衛、鶴群、café ゆとりの空間)、札幌店(讃兵衛、たづむら、café ゆとりの空間)
松坂屋:名古屋店(松栄堂、カトレヤダイニング)、上野店(カトレヤ、銀サロン)、
静岡店(カトレヤダイニング)、高槻店(カトレヤダイニング)

また、大丸松坂屋各店の従業員食堂においてもチャリティヘルシーメニューを販売し、1食につき20円をアフリカ・アジアの子どもたちの学校給食として寄付します。
<実施店舖>
大丸:京都店、東京店、札幌店、博多大丸
松坂屋:名古屋店、豊田店、上野店、静岡店、高槻店
合計9店舗

NPO法人TABLE FOR TWO Internationalについて(http://jp.tablefor2.org/
2007年10月設立。“TABLE FOR TWO”を直訳すると「二人のための食卓」。先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントできる。これまで企業や官公庁、大学、病院など約650団体が参加。気軽に社会貢献とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、約4,339万食をアフリカのウガンダ、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ケニア、アジアのミャンマー、フィリピンに届けた。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る