プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

成田国際空港株式会社

成田国際空港運用状況(2016年11月)

(PR TIMES) 2016年12月26日(月)16時35分配信 PR TIMES

航空機発着回数をはじめ8項目について11月として過去最高となりました。
【航空機発着回数】
○航空機発着回数
国際線及び国内線が共に好調だったことにより、前年同月比5%増の19,929回と、11月として過去最高となりました。
○国際線発着回数
国際線旅客便発着回数が好調だったことにより、前年同月比5%増の15,693回と、11月として過去最高となりました。
○国際線旅客便発着回数
イベリア航空/マドリード線(10月19日)の新規就航やティーウェイ航空/大邱線(9月1日)、全日空/プノンペン線(9月1日)の新規路線開設等により、前年同月比7%増の13,486回と、 11月として過去最高となりました。
○国内線発着回数
Spring Japan/札幌線(8月20日)、関西線(9月28日)の新規路線開設等により、前年同月比6%増の4,236回と、11月として過去最高となりました。

【航空旅客数】
○航空旅客数
国際線外国人旅客数が堅調に推移していることや、国内線旅客数が好調だったことにより、前年同月比6%増の3,099,188人と、11月として過去最高となりました。
○国際線外国人旅客数
引き続き旺盛な訪日需要がある韓国、香港などのアジア方面を中心に旅客が増加し、前年同月比13%増の1,094,243人と、46ヶ月連続で前年を上回り、11月として過去最高となりました。
○国内線旅客数
那覇線が好調だったことに加え、Spring Japan/札幌線(8月20日)、関西線(9月28日)の新規路線開設等により、前年同月比10%増の586,057人と、11月として過去最高となりました。

【国際航空貨物量】
○仮陸揚貨物量
仮陸揚貨物量前年同月比4%増の66,157t(積込:前年同月比4%増の33,614t、取卸:前年同月比4%増の32,543t)と、11月として過去最高となりました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/4762/87/resize/d4762-87-225591-0.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/4762/87/resize/d4762-87-387700-1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る