• トップ
  • リリース
  • WTCCポルトガルラウンド、ボルボが3位と2位に入り、首位をキープ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ボルボ・カー・ジャパン株式会社

WTCCポルトガルラウンド、ボルボが3位と2位に入り、首位をキープ

(PR TIMES) 2017年06月26日(月)19時29分配信 PR TIMES

6月25日(日)にポルトガルにて開催されたFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)で、ポールスター・シアン・レーシングのテッド・ビョークは、難関な公道サーキットであるヴィア・レアルにて、2つの表彰台を獲得し、マニュファクチャラーズポイントの首位をキープしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17096/86/resize/d17096-86-491673-0.jpg ]

スカンジナビアン・ツーリングカー選手権(STCC)で4度チャンピオンに輝いたテッド・ビョークが、WTCCでドライバーズタイトルと4ポイント差の2位へ躍進しました。ビョークは第1レースで3位、第2レースでは、30キロのウェイトハンディにも関わらず、レースチャンピオンのノルベルト・ミケリスに挑み、2位でフィニッシュしました。

「私の目標は2つのレースでどちらも表彰台を獲得し、ポールスターの首位をキープすることで、今回はその通りになりました。最大のハンデが課されているにも関わらず、チームは今週末、私に最高の車と自信を与えてくれました。シーズン中盤の現在、ドライバータイトルの4ポイント差にいることにとても満足しています。」と、テッド・ビョークは語りました。

チームメイトのニッキー・カッツバーグは、ドライバーのランキングで3位に後退しましたが、2つのレースで5位以内を死守し、首位とは10ポイント差につけています。

「ホンダとのウェイトの違いを考えると、この結果は非常に前向きに捉えています。数ポイント逃してしまったとはいえ3位におり、首位ともまだ近く全く問題ありません。」と、カッツバーグは語りました。

2017年FIA WTCCのレースの半分が終了しましたが、マニュファクチャラーズタイトルでボルボはホンダを28ポイントリードし、首位につけています。

「今週末の結果は、我々の想定以上のものでした。惜しみない労力を発揮してくれたチームの皆に感謝したいです。我々は、首位の座を維持しつつ、この素晴らしい観客のいるヴィア・レアルを去ることになります。この結果に我々は満足しているし、今後のレースの位置付けにとっても素晴らしいことです。」と、ポールスターモータースポーツ部門責任者のアレクサンダー・ムルドゼフスキー・シェドビンは語りました。

ネストール・ジロラミは、テクニカルの問題で苦しみましたが、2つのレースでトップ10の成績を獲得しました。彼の地元アルゼンチンでの巻き返しが期待されます。

「不幸なことに、本日のレース中に振動の不具合が発生し、順位を上に押し上げることができませんでした。モロッコやモンザのように、次の地元アルゼンチンでのレースでは良い結果を残したいです。我々は前に進んでいくことに変わりはありません。」とネスター・ジローラミは語りました。
----

■WTCCポルトガルラウンド
サーキット:ヴィラ・レアル・サーキット
コース全長:4785 m
ラップレコード(WTCC):1:58.385(ハフ)

■レース結果
オープニングレース – トップ5
1 メフディ・ベナーニ(シトロエンC-Elysée) 11周
2 ティアゴ・モンテイロ(ホンダCivic) +0.799
3 テッド・ビョーク (ボルボS60) +1.632
4 トム・チルトン (シトロエンC-Elysée) +2.447
5 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) +4.459
…8 ネストール・ジロラミ(ボルボS60)

メインレース – トップ5
1 ノルベルト・ミケリス (ホンダCivic) 13周
2 テッド・ビョーク (ボルボS60) +0.480
3 ティアゴ・モンテイロ(ホンダCivic) +2.200
4 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) +4.457
5 ロブ・ハフ(シトロエンC-Elysée) +4.587
…9 ネストール・ジロラミ(ボルボS60) +24.864

マニュファクチャラーズ
1 ボルボ 494ポイント
2 ホンダ 466(-28ポイント)

■ウェイトハンディ(ポルトガル戦)
モデル – タイム差 – ウェイト
ボルボS60 ポールスター – 0.0秒 – +80 kg
シトロエンC-Elysée – +0.0秒 – +80 kg
ホンダCivic – 0.3秒 – +50 kg
シボレーCruze – +0.6秒 – +20 kg
ラーダヴェスタ +1.2秒 +0 kg

■選手権ランキング
ドライバーズ – トップ5
1 ティアゴ・モンテイロ (ホンダCivic) 164ポイント
2 テッド・ビョーク (ボルボS60) 77 (-4)
3 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) 85 (-10)
4 ノルベルト・ミケリス(ホンダCivic) 81 (-27)
5 メフディ・ベナーニ (シトロエンC-Elysée) 73 (-31)
…9 ネストール・ジロラミ (ボルボS60) 52 (-106)
-----------------------
プレスリリース
https://media.polestar.com/press-release/248490

ポールスターについて
ポールスターはボルボ・カーズのパフォーマンスブランドです。1996年にモータースポーツチームとして設立されたポールスターは、各種のボルボモデルでレースに出場し、数多くの選手権で成功を収めてきました。ポールスターは、2009年にパフォーマンス関連の製品を提供し始めると、それをきっかけにボルボ・カーズとの業務関係を強化しました。2014年には、ボルボS60とV60をベースにした初めてのコンプリートカーが発売されています。ボルボ・カーズは、確かなパフォーマンスを提供するという積極的な取り組みとして、またより一層のパフォーマンスの実現を目指し、2015年にポールスターのパフォーマンス部門を買収しました。(https://media.polestar.com/

シアン・レーシングについて
シアン・レーシングはポールスターのモータースポーツパートナーです。クリスチャン・ダール氏が所有し、ポールスターの全てのモータースポーツ事業を運営しています。過去にポールスター・レーシングと名乗っていたシアン・レーシングは、ボルボ850、S40、C30、S60によって、5回のSTCC(スカンジナビアツーリングカー選手権)ドライバーズタイトルと7回のSTCCチームタイトルを獲得しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/17096/86/resize/d17096-86-471366-1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る