• トップ
  • リリース
  • 補整下着のシリコンパッド用加工は年間約500枚 J.POSHのオフィシャルサポーターとしてピンクリボン活動を継続10年

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ダイアナ

補整下着のシリコンパッド用加工は年間約500枚 J.POSHのオフィシャルサポーターとしてピンクリボン活動を継続10年

(PR TIMES) 2016年10月20日(木)17時15分配信 PR TIMES

自己検診(セルフチェック)の大切さや乳がん検診の重要性を啓発

プロポーションづくりの株式会社ダイアナ(東京都渋谷区、代表取締役社長:徳田充孝、以下ダイアナ)は、2006年から認定NPO法人J.POSH (日本乳がんピンクリボン運動)にオフィシャルサポーターとして協賛し、乳がん撲滅運動を目的としたピンクリボン活動を行っております。
[画像1: http://prtimes.jp/i/12046/86/resize/d12046-86-878211-2.jpg ]

活動を開始して10年、これまでに、全国のダイアナサロンにおいてお客様の採寸(ボディチェック)に対しての寄付(※)、各種イベントにおけるチャリティグッズ販売のほか、当社ならではのチャリティ企画を数多く実施し、総額43,756,283円(2016年9月末現在)の寄付活動を行ってまいりました。

※現在は、「キレイになりたい!選べる初回限定体験」(12月13日まで)に参加されたお客様お一人につき、39円を「J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動」の支援金として寄付

また、今年からは、売上の一部が「ピンクリボン運動」に寄付されるコカ・コーラ社の「認定NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)」支援自動販売機の導入も開始いたしました。

[画像2: http://prtimes.jp/i/12046/86/resize/d12046-86-794472-3.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/12046/86/resize/d12046-86-884236-4.jpg ]



ダイアナは、プロポーションメイキングを通じて女性の体に直接的にかかわるからこそ、自己検診(セルフチェック)の大切さや乳がん検診の重要性をお客様にお伝えしていていくことも役割と考えています。

ピンクリボン運動では、全国各地で開催しているプロポーションコンテストなどのイベントで展示ブースを設置、毎年延べ約12,000人の来場者に向けて乳がんのしこりの感触を知るための「乳がん触診ミニモデル」などで啓発活動を行っております。
[画像4: http://prtimes.jp/i/12046/86/resize/d12046-86-957986-5.jpg ]



今や日本人女性の12人に1人がかかるとも言われているのが乳がんです。全摘手術と同時に乳房を再建する手術(同時再建)が保険適用になるなど、ここ数年で乳がんの治療に関する健康保険の状況も変化していますが、放射線療法が必要な場合など再建を見送る方もいらっしゃいます。

女性のあらゆるライフステージをサポートしていきたいと考え、ダイアナは約25年前から補整下着のシリコンパッド用加工(修理)を無料で行っています。1年間に約1万枚の補整下着の加工(修理)がありますが、シリコンパッドの加工はそのうち毎年500枚前後。なるべく快適に過ごしていただけるよう、パーソナルなご要望にもできる限り対応させていただきます。

[画像5: http://prtimes.jp/i/12046/86/resize/d12046-86-724554-6.jpg ]

[画像6: http://prtimes.jp/i/12046/86/resize/d12046-86-870569-7.jpg ]



これからもダイアナは、すべての女性が健康的で美しく、輝きに満ちた人生を歩めるよう、よりよい商品とサービスを提供できるよう努力してまいります。


■ダイアナについて
・会社名: 株式会社ダイアナ
・代表取締役社長: 徳田充孝
・本社: 東京都渋谷区富ヶ谷1-35-23
・カスタマーセンター(ご相談窓口): TEL0120-22-8866
・公式ホームページ: http://www.diana.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る