• トップ
  • リリース
  • ファーウェイ、ソフトバンクと4.5G移動体通信技術「TDD+」の共同研究開発に関する覚書を締結

プレスリリース

  • 記事画像1

ファーウェイ・ジャパン

ファーウェイ、ソフトバンクと4.5G移動体通信技術「TDD+」の共同研究開発に関する覚書を締結

(PR TIMES) 2015年07月13日(月)11時35分配信 PR TIMES

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、このたびソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と、次世代移動体通信技術としてファーウェイが提案する「TDD+(TDDプラス)」向け高度化技術の実証実験、技術評価及び研究開発をソフトバンクの通信ネットワークにおいて共同で行うことに合意しました。
[画像: http://prtimes.jp/i/7389/86/resize/d7389-86-244116-0.jpg ]



スマートフォンやタブレット端末の普及により、モバイル・ネットワークのトラフィックはめざましい速度で急増しています。TDD周波数帯域を保有するソフトバンクは、最速、最高のユーザー・エクスペリエンスを消費者に提供することを目指し、日本でいち早くTDDと互換性のあるAXGPネットワークの構築に取り組んできました。新たに、世界のTDD市場をリードするファーウェイの先端研究から生まれた「TDD+」を共同で研究開発することにより、現在のAXGPネットワークに対し、周波数利用効率を5倍程度向上させることが可能となります。


ソフトバンク常務執行役員の牧園啓市氏は次のように述べています。
「今回研究開発を進める技術は、次世代ネットワークのトレンドになります。現在ソフトバンクが検討を進めている次世代のモバイルネットワーク網の構築にあたり、ファーウェイとの4.5G技術の共同研究は、とても有意義なものになると期待しています」

世界で2011年にTDD-LTEネットワークが商用化されて以来、同ネットワークの利用者数は2億人に達しています。通信事業者は第5世代移動体通信技術(5G)を先取りした「TDD+」の導入により、新たな収益機会を獲得し、モバイル・ブロードバンド・ビジネスの収益性を高めることが可能となります。


ファーウェイ ワイヤレス・ネットワーク プロダクトライン担当プレジデントの汪涛(デビッド・ワン)は、「5Gへの布石ともなるファーウェイの『TDD+』は、周波数利用効率の向上、TCO(総所有コスト)の削減、そして新たなサービスの提供を可能にすると同時に、ユーザーによりストレスの少ない通信環境を提供します。今後も技術革新への飽くなき追求を続け、接続率No.1を掲げるソフトバンクとともに、よりつながった世界の実現に向けて取り組んでいきます」と述べています。


中国や欧州で複数の通信事業者が「TDD+」の導入を予定しています。


【ファーウェイについて】

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンのもと、お客様志向のイノベーションとパートナーシップにより、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの17万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。


日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/、フェイスブック:www.facebook.com/HUAWEI.JAPAN、ツイッター:twitter.com/HUAWEI_Japan_PR、LINE:‘ファーウェイ’で検索、YouTube:http://www.youtube.com/user/HuaweiDeviceJPをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る