• トップ
  • リリース
  • 大幸薬品、台湾で『クレベリン置き型』と『クレベリン スティック』が台湾国家品質標章SNQ(=Symbol of National Quality)の認証を取得

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

大幸薬品株式会社

大幸薬品、台湾で『クレベリン置き型』と『クレベリン スティック』が台湾国家品質標章SNQ(=Symbol of National Quality)の認証を取得

(PR TIMES) 2019年02月02日(土)10時40分配信 PR TIMES

〜 台湾でのクレベリン マーケティングPRイベント (2019.1/23) で発表 〜


大幸薬品株式会社(以下、大幸薬品)は、本年1月23日、台湾(台北市)で開催したクレベリン マーケティングPRイベントで、代表取締役社長の柴田 高が、低濃度二酸化塩素ガスを用いた感染対策について講演し、その中で二酸化塩素分子のチカラで、空間や物体に付着するウイルス・菌を除去する『クレベリン 置き型』と携帯用の『クレベリン スティック』が台湾の防疫製品として、台湾国家品質標章SNQ(=Symbol of National Quality)の認証を取得し、昨年11月に台湾政府から表彰されたことを発表しました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/4917/86/resize/d4917-86-167593-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/4917/86/resize/d4917-86-605660-5.jpg ]

台湾国家品質標章は2004年に設けられ、台湾国内の約160名の各専門家が、産官学連携で審査委員会を結成し、毎年、台湾市場にある健康関連サービスおよび製品の安全性及び品質について、各領域トップの専門家が審査を行い、認証の可否が決定されます。

大幸薬品では、二酸化塩素分子が、インフルエンザウイルスの表面タンパク質の構造変化をもたらすことで、その感染を抑制するメカニズムを解明する(*)など、数々の論文を発表しており、これまでの二酸化塩素に関するウイルス除去、除菌、消臭、カビ抑制の働きに関する研究や、安全性・有効性に関する成果、特許技術などが、審査委員会に高く評価されました。

感染症の脅威から暮らしを守るための対策や衛生管理への関心と需要は、日本のみならず世界的に急速に高まっております。大幸薬品では「健康という大きな幸せを提供する」企業として、医薬品事業と感染管理事業を柱に、お客様の健康への寄与を通じて、社会に貢献してまいります。

(ご参考) 台湾国家品質標章SNQに関するウェブサイト情報は以下をご覧ください。
http://www.snq.org.tw/chinese/02_products/02_detail.php?pdid=4305
http://www.snq.org.tw/chinese/02_products/02_detail.php?pdid=4304

(ご参考) 台湾「経済日報」での当報道は以下をご覧ください。
https://money.udn.com/money/story/11800/3610680

(ご参考) よくわかる二酸化塩素のはなし
http://www.seirogan.co.jp/clo2/power.html


(*) Inactivation of influenza virus hemagglutinin by chlorine dioxide: oxidation of the conserved tryptophan 153 residue in the receptor-binding site, Ogata N. Journal of General Virology, 93(12), 2558-2563, (2012).

報道関係者様からのお問い合わせ先
大幸薬品株式会社 広報部
E-mail: press@seirogan.co.jp
TEL:06-4391-1191



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る