• トップ
  • リリース
  • ヒルトン・グランド・バケーションズ オーランド本社「家族を持つ人にとって働き易い会社トップ100」に6年連続で今年もランクイン!

プレスリリース

  • 記事画像1

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ

ヒルトン・グランド・バケーションズ オーランド本社「家族を持つ人にとって働き易い会社トップ100」に6年連続で今年もランクイン!

(PR TIMES) 2016年09月12日(月)14時18分配信 PR TIMES


2016年9月12日 - ヒルトン・グランド・バケーションズ(本社:フロリダ州オーランド)はこの度、同社が「Top 100 Companies for Working Families」の1社に選出されたことを発表いたします。本賞は、米フロリダ州オーランドの主要紙であるオーランド・センチネルが主催する、フロリダ州中心部における家族を持つ従業員にとって働き易い企業を選出するもので、ヒルトン・グランド・バケーションズは今回で6年連続の受賞となりました。
[画像: http://prtimes.jp/i/1029/86/resize/d1029-86-794012-0.jpg ]

この賞は、オーランド本社の従業員満足度アンケート、および福利厚生データに基づいて評価されており、特に今回は勤務地の柔軟性、会社の率先性、キャリアやコミュニティ・サービスの豊富な選択肢などが評価のポイントとなりました。「バケーション・オーナーシップ業界のリーダーとして、我々はオーナー様やゲストのみならずチームメンバー(従業員)へもホスピタリティを提供しております」とヒルトン・グランド・バケーションズ人事最高責任者のBarbara Hollkampは述べています。ヒルトン・グランド・バケーションズは、米国のホスピタリティ業界でもトップレベルのペアレンタル・リーブ(男女問わずの育児休暇)や、チームメンバー&ファミリー・トラベル・プログラム、さらに優秀社員を対象としたリワード・プログラム、従業員向け教育アシストプログラム、さらにフレックス制度などを取り入れております。

日本のヒルトン・グランド・バケーションズでは、管理職の6割が女性社員。フレックス制度などを取り入れ、 チームメンバー(従業員)の多様なニーズに対応する体制の整備を進めています。人事部長の大場美里は、「チームメンバーの多様な働き方やワーク・ライフ・バランス向上について積極的に取り組んでおります。有給休暇取得促進や残業時間の削減は勿論、有給休暇とは別に自身や家族の病時に使用できる病気休暇を年に40時間付与しています。育児時短制度は3歳より小学3年生終期まで延長しました。今後も介護に関わる制度の充実や在宅勤務の検討など、多様なチームメンバーのニーズへの対応を広げることで、男性にも女性にも更に働きやすい職場環境にしていきたいと考えています」と語っています。

◆ヒルトン・グランド・バケーションズについて
商号を「ヒルトン・グランド・バケーションズ」とするヒルトン・リゾーツ・コーポレーションは、ヒルトン・ワールドワイドの一事業部門で、世界に先駆けるホスピタリティ企業として知られています。フロリダ州オーランドを拠点とするヒルトン・グランド・バケーションズは、第一級の行楽地におけるタイムシェア・リゾートの企画・開発・販売・運営を行っています。業務としてヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ(R)およびヒルトン・クラブ(R)の運営も行い、現在250,000組を越えるクラブメンバーの皆様に、優れた交換プログラム、休暇旅行、予約サービスを提供しています。
詳細はhgvc.co.jp, http://www.hiltongrandvacations.com/ www.clubtravelerjapan.comにてご確認ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る