• トップ
  • リリース
  • 【セミナー開催のご案内】マイクロEVの設計・製作・生産とEVの今後の展開 5月24日開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

プレスリリース

【セミナー開催のご案内】マイクロEVの設計・製作・生産とEVの今後の展開 5月24日開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

(PR TIMES) 2017年04月19日(水)09時24分配信 PR TIMES

国土交通省から出された超小型モビリティの普及計画やEVの最新動向も合わせて報告

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: http://cmcre.com/ )では、電気自動車関連のセミナーや書籍発行を行っております。このたび「マイクロEVの設計・製作・生産とEVの今後の展開」と題するセミナーを、 講師に 松村修二 氏 (群馬大学大学院 理工学研究院 客員教授 工学博士<元富士重工業(株)、(株)SUBARUに社名変更>)をお迎えし、 2017年5月24日(水)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』5階502会議室(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:42,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:39,000円(税込)、 アカデミック価格は35,000円となっております(受講料には資料代を含みます)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社のHP( http://cmcre.com/archives/27539/ )で受け付けております。
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。
自動車メーカーの元技術者数人で実際に製作したマイクロEVを題材に、電気自動車を作る上で最低限必要な技術を解説します。特にバッテリーなどの主要部品に要求される性能や安全性についても言及します。ここで題材にするマイクロEVは、大掛かりな工作機械を使わず、手作りで完成させたものであり、聴講後はその気になれば誰でもマイクロEVが作れるようになります。また、本格的な電気自動車でも、基礎的な部分はマイクロEVと共通しており、マイクロEVの作り方を知っておくことは電気自動車を理解する上で有益と思われます。さらに、EVの今後の展開として、国土交通省から出された超小型モビリティの普及計画やEVの最新動向を報告いたします。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:マイクロEVの設計・製作・生産とEVの今後の展開
開催日時:2017年5月24日(水)13:30〜16:30
会 場:ちよだプラットフォームスクウェア 502会議室
    〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:42,000円(税込) ※ 資料代含
     * メルマガ登録者は 39,000円(税込)
     * アカデミック価格は 35,000円(税込)
講 師: 松村修二 氏 / 群馬大学大学院 理工学研究院 客員教授 工学博士<元富士重工業(株)>

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト( http://cmcre.com/archives/27539/ )からお申し込みください。 折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。

3)セミナープログラムの紹介
1 商品企画と基本構想
 1.1 製品開発の流れ
 1.2 デザイン企画
 1.3 社会動向・市場動向
2 基本構造の設計
 2.1 法規確認
 2.2 レイアウト及び全体構想
 2.3 性能設計(走行性能、車体フレーム、サスペンション、ステアリング等)

3 電気・電子回路の構想および検討
 3.1 パワーユニット構成
 3.2 インバータ
 3.3 インホイルモータ
 3.4 バッテリー

4 FRPによるボディ製作
 4.1 車体外板の製作
 4.2 FRPボディ製作の手順( アウターライン図作成から塗装まで)

5 生産へのステップ
 5.1 基本条件策定
 5.2 試作
 5.3 工程設計
 5.4 原価試算
 5.5 生産

6 EVの今後の展開
 6.1 次世代自動車の予測
 6.2 EVの応用展開
 6.3 国交省の超小型モビリティ計画最新情報

4)講師のご紹介
松村修二 氏 / 群馬大学大学院 理工学研究院 客員教授 工学博士<元富士重工業(株)>

【講師経歴】
1975年 東北大学大学院工学研究科(機械工学専攻)修士課程を修了
  同年 富士重工業(株)入社、振動騒音研究実験に従事
1979年 スバル技術研究所にてCAE(Computer Aided Engineering)の開発
1993年 工学博士(東北大学)
2006年 富士重工業(株)を退職、群馬大学客員教授就任
群馬大学では産学連携製造中核人材育成事業、高度専門留学生育成事業に参画、専門は振動騒音解析、圧縮性流体解析
2009年 群馬大学次世代EV研究会を設立し、幹事に就任現在に至る。

【活動】
≪研究歴≫
衝撃波の実験的研究と圧縮性流体の数値解析、自動車の振動騒音低減の研究実験、流体騒音の研究実験、小型電気自動車の研究と製作
≪所属学会≫
自動車技術会、日本機械学会、電気自動車普及協会
≪書 籍≫
「一から作る電気自動車の設計」、「衝撃波ハンドブック」(一部)、「大車林」(一部)、「次世代自動車と部品・材料技術」(一部)

5)セミナー対象者や特典について
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、 地方公共団体、 および学校法人格を有する大学、 大学院の教員、 学生に限ります。
★ 2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合2人目は無料です。

●セミナー対象者
1)マイクロEVを作ってみたい方、およびそれに関する起業を考えている方
2)マイクロEVを中心とした電気自動車の企画や運営をされている方
3)電気自動車の構成部品に関わっている方、およびその動向を知りたい方
4)マイクロEVを中心とした電気自動車の動向を知りたい方。

●セミナーで得られる知識
1)電気自動車がどのような過程を経て作られるかが分かり基本構造を知ることが出来る
2)電気自動車の基本的な構成部品とその役割を知ることができる
3)小さな電気自動車であれば自分で製作できるようになる
4)次世代の自動車はどうなるかなど、今後の交通機関の動向を探る上での参考になる。

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
  http://cmcre.com/archives/27539/

6)関連セミナーのご案内
◎車載用48V電源システム用DC-DCコンバータ最前線
日時:2017年4月21日(金)12:30〜17:00
☆詳細とお申込みはこちらから↓
 http://cmcre.com/archives/25500/

7)関連書籍のご案内
◎ZEV規制とEV電池テクノロジー
 ■ 発 刊:2017年3月10日
 ■ 定 価:本体価格 120,000円 + 消費税
 ■ 体 裁:A4判 並製 400頁
 ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ

 ☆詳細とお申し込みは、 以下のURLをご覧ください。
  http://cmcre.com/archives/26768/

◎リチウムイオン電池の製造プロセス&コスト総合技術 2016
 ■ 発 刊:2016年8月26日
 ■ 定 価:本体価格 120,000円 + 消費税
 ■ 体 裁:A4判 並製 556頁
 ■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
  ISBN 978-4-904482-31-5

 ☆詳細とお申し込みは、 以下のURLをご覧ください。
  http://cmcre.com/archives/20594/

                            以上

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る