プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

日本ペイントホールディングス株式会社

【お知らせ】女子卓球部 ユニフォームが完成しました

(PR TIMES) 2017年04月25日(火)17時15分配信 PR TIMES

日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:田堂哲志)女子卓球部は、このたび、四元奈生美氏のデザインによるユニフォームを制作いたしましたので、お知らせします。
当社女子卓球部は、本年1月に三原孝博が監督に就任、続いて4月に女子世界ランキング34位(日本人選手としては11位、2017年4月現在)の加藤美優選手を当社所属として迎えましたので、4月1日正式に創部いたしました。

創部に当たり、ユニフォームも完成しましたので、紹介いたします。ユニフォームデザインは、今なおプロ卓球選手、タレントとして活躍し、自らのブランド「Final Winner」を立ち上げた、デザイナー 四元奈生美氏が担当しました。

四元氏の「Final Winner」は2014年に誕生、企業の卓球部ユニフォームを手掛けるのは当社が最初となります。同氏は、デザイナーとして卓球の世界に新風を巻き起こしたいと考えて自らのブランドを創設しましたが、新しく日本の卓球界に参入する当社にとっては、ふさわしいデザイナーであると判断し、今回デザインを依頼しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7223/84/resize/d7223-84-164002-0.jpg ]

(ご参考)四元奈生美(よつもと なおみ)氏の略歴
1978年生。東京都出身。4才で卓球開始後数々の大会で好成績を残す。
2001年4月、淑徳大学卒業後に女性初のプロ選手に転向。その後、タレント、デザイナーとしても幅広く活躍。
「Final Winner」は2016年から日本卓球協会公認指定業者。


【日本ペイントホールディングス 女子卓球部 ユニフォーム】

[画像2: https://prtimes.jp/i/7223/84/resize/d7223-84-902369-1.jpg ]


<デザインコンセプト>

塗料メーカーのチームですので、カラフルかつ、塗料をイメージしてのデザインを考えました。ボトムスや、トップスの袖にある柄は、刷毛で塗料を散らして迷彩風に一からプリント模様を制作しました。トップス背中面にあるクロス模様は、こちらも刷毛で塗料をサッと塗ったイメージです。全体的に女性らしいかわいさを前面に押し出し、色合い、形ともそのコンセプトに沿ってデザインしています。トップスは、白襟にフレンチスリーブがついたポロシャツ、ボトムスは、ラップスカート風のキュロットになっています。(デザイナー四元氏コメント)


                 【お問い合わせ先】
              日本ペイントホールディングス(株)
                  総務部 木村 勝己
             〒531-8511 大阪市北区大淀北2-1-2
            電話:06-6455-9141 FAX:06-6455-9278



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る