• トップ
  • リリース
  • サザビーリーグが事業を共創するオープンイノベーションプロジェクト「LIVE LABORATORY」を始動

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社サザビーリーグ

サザビーリーグが事業を共創するオープンイノベーションプロジェクト「LIVE LABORATORY」を始動

(PR TIMES) 2017年01月10日(火)13時31分配信 PR TIMES

2017年1月16日(月)より協業プラン募集開始

株式会社サザビーリーグ(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷/代表取締役社長 角田良太)はこのたび、サザビーリーグあるいは当社が運営する衣食住ブランドと起業家・スタートアップ企業が協業し、新たなビジネス・価値を生み出すオープンイノベーションプロジェクト「LIVE LABORATORY」(ライブ ラボラトリー)を実施いたします。2017年1月16日(月)より協業プランの募集を開始し、最終審査を通過したプランには協業事業・サービスのローンチに向け、当社店舗・ECにおけるテストマーケティングの場の提供やPR面の支援など具体的な事業機会を提供するほか、優良な案件については業務提携や出資をしてまいります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5691/82/resize/d5691-82-958170-4.jpg ]


2015年より2年間開催したインキュベーションプロジェクト「Lien PROJECT」を通して、当社は多種多彩なライフスタイルに関わる新たな事業を持つ事業者と出会い、業界関係者や投資家・メディアとのマッチングの場を提供し、その事業の推進をサポートしてまいりました。
この実績を踏まえ、今後は「サザビーリーグと他企業の事業共創」にフォーカスし、この両社で世の中へ新たなビジネスや価値を提案する「半歩先の事業」を生み出すオープンイノベーションの場として、イベント名を新たに当プロジェクトを始動いたしました。

当社はこれまでRon Herman、Shake Shack(R)といった海外ブランドの国内展開、Afternoon Tea やagete、 ESTNATIONなどのオリジナルブランドの事業展開を通して、半歩先のライフスタイルを創造することで成長し続けてきました。今後も当社が半歩先の提案をし続けていくためには、従来のリテールの枠を超え、他分野も含めた幅広い知見を融合することで、今までに無い「わくわくするコトやモノ」を作ることが必要であり、この「LIVE LABORATORY」を通した他企業との協業で新たな提案を生み出していきたいと考えています。


<LIVE LABORATORY 2017 概要>
●実施目的
サザビーリーグ×他企業の協業による、半歩先の新たな事業・ビジネスの創造
●募集期間
2017年1月16日(月)〜 2017年2月28日(火)23:59
●対象となる事業領域
アパレルや飲食だけでなく、生活者のライフスタイルや暮らしを豊かにする事業全般
●募集する事業プラン
・サザビーリーグと協業し、新たな事業やサービスを生み出すプラン
・サザビーリーグの既存ブランドと連携し、新たなサービスや価値を生み出すプラン
●応募資格
・業態・業種不問 (過去にリアンプロジェクトにエントリーした方も歓迎)
・提案に係るサービスが法人格を有する(もしくは年内取得予定の)団体で運営していること
※シリアルイノベーター・イントラプレナーの方もご応募いただけます。
●Webサイト http://www.sazaby-league.co.jp/live-laboratory/
●Facebook http://www.facebook.com/livelaboratory/
※実施概要の詳細や注意事項などは、Webサイトにてご確認ください。
※外部有識者を含めた審査会や一般観覧ができるピッチイベント形式での審査等は実施いたしません。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5691/82/resize/d5691-82-497151-7.jpg ]

【協業事業のサポートについて】
■1st Stage (最終審査通過後の3ヶ月程度)
当社経営層・当該ブランドマネジメントメンバーとのメンタリング / 本社オフィスの一部スペース提供
商品・サービスのブラッシュアップ及び商品開発やブランディング構築のサポート

■2nd Stage (協業プランの精度により実施)
店頭スペースや自社ECなど、テストマーケティングの場の提供 / PR サポート / その他プランに応じたサポート
※2nd Stage後、優良な協業案件には具体的な業務提携や出資等を検討してまいります。


<ライブラボラトリーとは>
[画像3: https://prtimes.jp/i/5691/82/resize/d5691-82-962563-6.jpg ]

当社で1980年代に展開していた、ショップの名称が由来。「生活文化実験室」というコンセプトのもと衣料・雑貨・飲食などを複合した店舗形態で展開した同店は、当時の日本で他には例のない新しい小売・サービスの提案でした。業態や業種を飛び越え、当社とケミストリーを起こして新たな事業をともに生み出していくことを目指すという当プロジェクトのコンセプトと合致しているため、その名称をプロジェクトといたしました。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る