• トップ
  • リリース
  • 音波振動で毛穴の汚れを浮かせてやさしく落とす「音波振動シリコン洗顔ブラシ」新発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

音波振動で毛穴の汚れを浮かせてやさしく落とす「音波振動シリコン洗顔ブラシ」新発売!

(PR TIMES) 2018年05月07日(月)12時01分配信 PR TIMES

2018年5月7日(月)より全国販売開始


総合刃物メーカーの貝印株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:遠藤 宏治)は、振動で毛穴の汚れを浮かせて落とす、肌にやさしい「音波振動シリコン洗顔ブラシ」を5月7日(月)より公式オンラインストアをはじめ、全国のドラッグストア、ホームセンター、家電量販店などにて発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/25105/81/resize/d25105-81-693233-0.jpg ]

【毛穴の汚れを浮かせて落とす!新タイプの洗顔ブラシ】
「手洗顔では落としにくい毛穴の汚れを落しやすくする」という特長で、美肌ケアツールの新定番となった洗顔ブラシ。その中でも、「音波振動シリコン洗顔ブラシ」は、『しっかり顔の汚れは落としたい。でも肌への負担もできるだけかけたくない』という女性の思いから生まれました。「かき出す」のではなく、毎分約6,000回の音波振動で「浮かせて落とす」から、肌への負担を抑えながらも汚れはきちんと落とします。「洗浄力」と「肌へのやさしさ」にとことんこだわった商品です。

【製品特長】
1.音波振動で肌にやさしい
毎分約6,000回の振動で汚れを浮かせて落とします。汚れをかき出さないから肌にやさしく洗えます。

2.3つの形状のブラシ
細ブラシでは頬や額などをやさしく洗い、汚れが気になる部分は太ブラシでしっかり汚れを落とします。鼻周りなど凹凸のある細かいところには、ピンポイントブラシを沿わせて使います。

3.フェイスタッピングに使えるマッサージ面
裏側は、注目を浴びている美肌ケア「フェイスタッピング」が簡単にできるマッサージ面に。肌に化粧水を乗せてから使えばパッティングにも活用できるので、手やコットンに吸収されることなく、やさしくなじませることができます。

4.肌あたりの良いシリコンブラシ
弾力がありながらも肌あたりが柔らかいシリコンブラシで気持ち良く洗顔できます。乾きやすいので衛生的にも安心。

5.保管に便利な自立式
自立式だから、使用後に水気を切ったらそのまま置いて乾かせます。洗顔中に少し手を離したいときにも、立てて置けばブラシ部分が汚れません。

6.お風呂で使える防水仕様
防水仕様のため、お風呂などの水回りでもご使用できます。
※完全防水ではないため、水没や過度な水漏れにはご注意ください
[画像2: https://prtimes.jp/i/25105/81/resize/d25105-81-623900-3.jpg ]


【製品ラインナップ】
女性だけでなく男性の美容意識も高まっている近年のフェイスケア事情に合わせ、女性に人気のある柔らかいピンクとクールなブラックの2色をご用意。
[画像3: https://prtimes.jp/i/25105/81/resize/d25105-81-271773-1.jpg ]



音波振動シリコン洗顔ブラシ
価格:2,000円(税抜)

[画像4: https://prtimes.jp/i/25105/81/resize/d25105-81-424324-2.jpg ]



音波振動シリコン洗顔ブラシ for men
価格:2,000円(税抜)

【貝印株式会社】
1908年、刃物の町として有名な岐阜県関市に創業。現在、生活に密着した刃物を中心とするカミソリ、メンズグルーミング、ツメキリなどの身だしなみやビューティーケア、包丁をはじめとする調理・製菓、医療用など1万アイテムにもおよぶ商品を展開し、商品の企画開発から生産、販売、物流までの一連を行っている総合刃物メーカー。
本社:東京都千代田区岩本町3-9-5 代表取締役社長:遠藤宏治 http://www.kai-group.com/
KAI BEAUTY PRESSでは、ビューティーにまつわる情報を日々発信中 http://kaibeauty.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る