• トップ
  • リリース
  • 【リーデル】アールヌーボーの装飾が蒸留酒やカクテルを華やかに演出する新シリーズ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

【リーデル】アールヌーボーの装飾が蒸留酒やカクテルを華やかに演出する新シリーズ

(PR TIMES) 2018年09月18日(火)13時01分配信 PR TIMES

2018年9月19日(水)発売<タンブラーコレクション シリーズ> 『オプティカル・オー(2個入)』『ファイア(2個入)』『ルイス(2個入)』

2018年9月、オーストリアのワイングラスカンパニー「リーデル」を展開するRSN Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ウォルフガング・アンギャル)は、新シリーズ<タンブラーコレクションシリーズ>の『オプティカル・オ ー(2個入 )』、『ファイア(2個入)』、『ルイス(2個入)』の3つのデザイン、6アイテムを発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/8190/81/resize/d8190-81-684621-1.jpg ]

装飾がなく、軽くてシンプルなワイングラスとは異なり、蒸留酒やカクテルを楽しむためのタンブラーにおいては、華やかな装飾が施され、重厚な佇まいの「復古調」が昨今のトレンドとなっています。アールヌーボーに着想を得て創られたこれらのタンブラーは、繊細で優雅な雰囲気ながらすべて食洗機対応ですので、毎日の生活でお気軽にお使いいただけます。

全て2個入 本体4,000円 税込4,320円 クリスタルガラス製 マシンメイド ドイツ製  

『オプティカル・オー』
脚なしワインタンブラー<リーデル・オー シリーズ>のデザインをもとに、リーデル家11代目当主マキシミリアン・リーデルがデザインを手がけました。カクテルのほかソフトドリンクにもぴったりです。
- オプティカル・オー ウィスキー(写真左 / 小) 品番:0515/05 高さ:96mm 容量:334ml
- オプティカル・オー ロングドリンク(写真左 / 大) 品番:0515/90 高さ:113mm 容量:580ml

『ファイア』
立ち上る炎のようなデザインは、リーデル家10代目当主ゲオルグ・リーデルによるデザインです。ダイナミックな見た目に反して軽い持ち心地です。
- ファイア ウィスキー(写真中央 / 小) 品番:0515/02 S1 高さ:98mm 容量:295ml
- ファイア ロングドリンク(写真中央 / 大) 品番:0515/04 S1 高さ:151mm 容量:375ml

『ルイス』
2017年にイタリアのベネチアで開催されたリーデル・デザイン・アワードで、革新的デザインによって受賞した若手デザイナー、カイル・ソーラによる作品です。
- ルイス ウィスキー(写真右 / 小) 品番:0515/02 S2 高さ:99mm 容量:295ml
- スイス ロングドリンク(写真右 / 大) 品番:0515/04 S2 高さ:154mm 容量:375ml


■リーデル公式ブランドサイト
http://www.riedel.co.jp

■リーデル公式オンラインショップ
https://shop.riedel.co.jp

■リーデル公式 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/riedeljapan/

■リーデル公式Instagram
https://www.instagram.com/riedel_japan/

■リーデル (RIEDEL)について

[画像2: https://prtimes.jp/i/8190/81/resize/d8190-81-491517-0.jpg ]


世界中のワイン愛好家が絶賛するオーストリアの名門ワイングラスブランド 『リーデル』
オーストリアの偉大な作曲家モーツアルトが生まれた1756 年に創業し、260 年以上もの歴史を誇るワイングラスの老舗、リーデル。同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいの印象が変わるという事実に着目し、様々なブドウ品種の個性に合わせた機能的なグラスを豊富なバリエーションで生み出しています。
これらのグラスはリーデル独自で開発するのではなく、世界中のワイン生産者たちと共に納得のいくまで “ワークショップ”(テイスティング)を繰り返し、最適な形状を探し当てるというプロセスを経て決定されます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る