• トップ
  • リリース
  • 波乱のWTCC第3戦ハンガリーラウンドでニッキー・カッツバーグが表彰台を獲得

プレスリリース

  • 記事画像1

ボルボ・カー・ジャパン株式会社

波乱のWTCC第3戦ハンガリーラウンドでニッキー・カッツバーグが表彰台を獲得

(PR TIMES) 2017年05月16日(火)11時28分配信 PR TIMES

5月14日にハンガリー・ハンガロリンクで開催されたFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)でポールスター・シアン・レーシングに今年から加わったドライバー、ニッキー・カッツバーグが2017年シーズン初となる表彰台を獲得し、チャンピオンシップ2位に躍り出ました。チームメイトのテッド・ビョークとネストール・ジロラミは、それぞれ1レースずつリタイヤを喫しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/17096/80/resize/d17096-80-171895-0.jpg ]

「非常に貴重な表彰台フィニッシュを獲得でき、とても幸せです。ネストールとのアクシデントは不幸な出来事でした。ロブが追突してきたので私はどうすることもできませんでした。しかし、ロブは私に追突したことを認める勇気がありました。正直、今シーズンの自分たちの仕上がりに驚いています。お互い上限のウェイトを積んでいたホンダより速かったので、今後のレースに期待が持てます」とメインレースで2位フィニッシュしたニッキー・カッツバーグは語りました。

ポールスター・シアン・レーシングチームの3名のドライバーは、難易度の高いサーキットであるハンガロリンクで強さを発揮し、初めて最大のウェイトハンディを積みながらもチャンピオンシップの一番のライバルであるホンダを退けました。

ネストール・ジロラミは、レース1で6番手グリッドからスタートして順位を上げ、4位でフィニッシュしました。レース2では、アルゼンチン出身のジロラミが表彰台圏内を走行中に、ロブ・ハフがペナルティを科せられたアクシデントによりリタイヤとなりました。

「前回のモンツァ戦とまったく同じで、あのアクシデントは私にはどうすることもできないものでした。ロブがニッキーに追突し、ニッキーが私に衝突して、私のクルマの何かが壊れ、その結果リタイヤをせざるをえなくなりました。今回は残念な結果となりました。他のドライバーのミスに私が巻き添えになったからですが、スピードの点ではがっかりすることはありませんでした。ホンダのドライバーより速かったですから」とネストール・ジロラミは述べています。

ポールスター・シアン・レーシングチームのエース・ドライバー、テッド・ビョークにとっても、ハンガリーラウンドは厳しい結果となりました。レース1のスタートでライバルに衝突され、ステアリングアームが破損し、ドライバーズチャンピオンシップで2位から4位に後退したのです。レース2では、ビョークは7位に入りました。

「今回のウイークエンドは、やはり私にとって残念なものになってしまいました。予選も調子が出ず、決勝は1周目で終わってしまいました。私はチルトンに衝突され、ステアリングアームが破損し、それが原因でミケリスと衝突しました。しかし、私は落ち込んだりしていません。シーズン中、調子の悪いウイークエンドは必ずあるものですから。私は、私が得意とするニュルブルクリンク北コースでの次戦を楽しみにしています」とテッド・ビョークは述べています。

ハンガロリンク戦の結果、マニュファクチャラーズポイントは、ボルボとホンダが同点を獲得したため、順位の入れ替えはありませんでした。ボルボは、後続に12ポイント差で5月25日〜27日にニュルブルクリンク北コースで開催される次戦のドイツラウンドに挑みます。

「最高の観衆の前で開催されたすばらしいレースイベントでした。しかし、私達にとっては目標を達成できなかった厳しいウイークエンドとなってしまいました。ときに、スピードがあっても結果につながらないことがあります。それがレースというものです。私達は気持ちを切り替えて、次のドイツ戦に集中します」とポールスターのモータースポーツ部門責任者のアレクサンダー・ムルドゼフスキー・シェドビンがコメントしています。

■WTCCハンガリーラウンド
サーキット:ハンガロリンク
コース全長:4381 m
ラップレコード(WTCC):1:50.119(ミュラー)
■レース結果
レース1 – トップ5
1 ティアゴ・モンテイロ (ホンダCivic) 12周
2 トム・チルトン (シトロエンC-Elysée) +0.768
3 ロブ・ハフ (シトロエンC-Elysée) +2.296
4 ネストール・ジロラミ (ボルボS60) +4.537
5 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) +5.221

リタイヤ:テッド・ビョーク(ボルボS60)

レース2 – トップ5
1メフディ・ベナーニ (シトロエンC-Elysée) 17周
2 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) +0.654
3 トム・チルトン (シトロエンC-Elysée) +3.553
4 ノルベルト・ミケリス (ホンダCivic) +7.309
5 ティアゴ・モンテイロ (ホンダCivic) +9.532

7 テッド・ビョーク (ボルボS60) +11.865
リタイヤ:ネストール・ジロラミ(ボルボS60)

Q1 – トップ5
1 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) 1:48.995
2 ロブ・ハフ (シトロエンC-Elysée) +0.003
3 ティアゴ・モンテイロ (ホンダCivic) +0.076
4 ネストール・ジロラミ (ボルボS60) +0.116
5 エステバン・グエリエリ (シボレーCruze) +0.236

6 テッド・ビョーク (ボルボS60) +0.434

Q2 – トップ5
1 ロブ・ハフ (シトロエンC-Elysée) 1:48.494
2 エステバン・グエリエリ (シボレーCruze) +0.125
3 メフディ・ベナーニ (シトロエンC-Elysée) +0.191
4 ネストール・ジロラミ (ボルボS60) +0.261
5 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) +0.328

8 テッド・ビョーク (ボルボS60) +0.609

Q3
1 ロブ・ハフ (シトロエンC-Elysée) 1:48.264
2 メフディ・ベナーニ (シトロエンC-Elysée) +0.327
3 エステバン・グエリエリ (シボレーCruze) +0.632
4 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) +0.677
5 ネストール・ジロラミ (ボルボS60) +1.410

■選手権ランキング
ドライバーズ – トップ5
1 ティアゴ・モンテイロ (ホンダCivic) 123ポイント
3 ニッキー・カッツバーグ (ボルボS60) 85 (-38)
3 トム・チルトン (シトロエンC-Elysée) 81 (-42)
4 テッド・ビョーク (ボルボS60) 77 (-46)
5 メフディ・ベナーニ (シトロエンC-Elysée) 73 (-50)

9 ネストール・ジロラミ (ボルボS60) 52 (-71)

マニュファクチャラーズ
1 ボルボ 294ポイント
2 ホンダ 282(-12ポイント)

■ウェイトハンディ(ハンガリー戦)
モデル – タイム差 – ウェイト
ボルボS60 ポールスター – 0.0秒 – +80 kg
ホンダCivic – 0.0秒 – +80 kg
シトロエンC-Elysée – +0.2秒 – +60 kg
シボレーCruze – +0.8秒 – +0 kg
ラーダヴェスタ +1.6秒 +0 kg

-----------------------
ポールスターについて
ポールスターはボルボ・カーズのパフォーマンスブランドです。1996年にモータースポーツチームとして設立されたポールスターは、各種のボルボモデルでレースに出場し、数多くの選手権で成功を収めてきました。ポールスターは、2009年にパフォーマンス関連の製品を提供し始めると、それをきっかけにボルボ・カーズとの業務関係を強化しました。2014年には、ボルボS60とV60をベースにした初めてのコンプリートカーが発売されています。ボルボ・カーズは、確かなパフォーマンスを提供するという積極的な取り組みとして、またより一層のパフォーマンスの実現を目指し、2015年にポールスターのパフォーマンス部門を買収しました。

シアン・レーシングについて
シアン・レーシングはポールスターのモータースポーツパートナーです。クリスチャン・ダール氏が所有し、ポールスターの全てのモータースポーツ事業を運営しています。過去にポールスター・レーシングと名乗っていたシアン・レーシングは、ボルボ850、S40、C30、S60によって、5回のSTCC(スカンジナビアツーリングカー選手権)ドライバーズタイトルと7回のSTCCチームタイトルを獲得しています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る