• トップ
  • リリース
  • ULTRA JAPAN 2019にも出演“DJ moe ”の「LIGHT YEARS」を“SONE”&“Lay ”がリミックスし、9月2日(月) より配信スタート!

プレスリリース

(株)スターミュージック・エンタテインメント

ULTRA JAPAN 2019にも出演“DJ moe ”の「LIGHT YEARS」を“SONE”&“Lay ”がリミックスし、9月2日(月) より配信スタート!

(PR TIMES) 2019年09月02日(月)19時44分配信 PR TIMES


世界最高峰のダンスミュージックフェスティバル「Ultra Music Festival」を中にワールドワイドに活躍す る"DJ moe"と、オーストラリアのエレクトロニックシーンに大きな影響を与えているシドニー出のアーティスト"Ta shka"がコラボレーションし話題となった「LIGHT YEARS」。
この楽曲を、日本トップクラスの集客を誇る「ATOM TOKYO」のResidentを務める"SONE" と、人気若手DJ兼プロ デューサー "Lay" が最新のダンストラックアレンジし、9月2日(月)に全世界一配信がスタートした。

▼各種音楽配信サイトはこちら▼
https://linkco.re/yEMG8ncg
[画像1: https://prtimes.jp/i/12020/79/resize/d12020-79-615194-0.jpg ]



▼YouTubeはこちら▼
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=e-TydcIRM6w ]




アーティスト:DJ moe
タイトル:LIGHT YEARS feat. Tashka (SONE & Lay Remix)
リリース:2019年9月2日 (月)
価格:250 円
ジャンル:DANCE
形態:配信限定シングル

01. LIGHT YEARS feat. Tashka (SONE & Lay Remix) - DJ moe

-------------------------------------------------------------------------------------------
【DJ moeプロフィール】
[画像2: https://prtimes.jp/i/12020/79/resize/d12020-79-987301-1.jpg ]


日本人最年少にして、クロアチアで行われたUltra Europeのメインステージ、Ultra Japan、EDC JAPAN、electroxと国内外の大型 フェスに大抜擢される。彼女のDJスキルと幅広い選曲とヴィジュ アルは、次世代のDJアイコンとして確立した。18歳で「AUDIO 2 015」の出演をきっかけに、これまでに数々の海外アーティストと 共演。2017年からはblock.fmで看板番組「mtmt_talk」をスター トし、FlumeやMijaなどゲストに迎えている。 オリジナル曲「Ba be」はSkrillexが主宰するレーベル「NEST HQ」にピックアップさ れるなど、国内外のTOPアーティストのRemixを手掛ける。彼女の 世界観は音楽シーンのみならず、NYLONオフィシャルブロガーと しても活動している。


-------------------------------------------------------------------------------------------
【Tashkaプロフィール】
[画像3: https://prtimes.jp/i/12020/79/resize/d12020-79-288005-3.jpg ]

Tashkaはシドニー出のアーティスト/プロデューサー。2015年2月彼女はDonatachi - Gold (ft. Tashka)で注 目を浴びることになり、世界的な音楽メディアのトレンドであるEarmilk、PileratsやHilly Dillyにピックアッ プされることになった。幼い頃から歌やダンスを始め、ミュージカルなどにも出演する。世界的な名校であ る、ボストンのバークリー音楽大学卒業後、本格的なソロ活動を始めた。主にSoundCloudをプラットホームとし 、様々な楽曲を公開している。2016年ダンスミュージックシーンに多大なる影響を与え続けるSkilillexが、Tシャ ツを愛用し、一躍話題なった、新進気鋭のクリエイティブ集団「Moving Castle」からリリースしている、Dugong Jr - Secrets (feat. Tashka)で、LAのアンダーグ ラウンドなダンスミュージックシーンによりフックアップ された。彼女の歌声は、クラシックソウル、RnB、ガレージミュージックの影響を受け、オーストラリアで急成 長する、エレクトロニックシーンに影響を与えている。
-------------------------------------------------------------------------------------------
【SONEプロフィール】
[画像4: https://prtimes.jp/i/12020/79/resize/d12020-79-502751-2.jpg ]

2007年よりDJ活動開始。エイベックス・エンタテインメントが運営を行うCLUB「SEL OCTAGON TOKYO」の Res identを務める。また日本トップクラスの集客を誇る「ATOM TOKYO」のResidentにも就任。海外アーティストのイ ベントにLine upされることが多く、過去には“Afrojack”,“Don Diablo”,“R3hab”,“TJR”,“Ookay”,“W& W”,“Yellow Claw”など70組以上の人気アーティストのサポートActを行った。2018年には幕張メッセで開催 されたZEDDの単独ツアー「ZEDD ECHO TOUR」のオープニングアクトで出演。同年Nicky Romeroの単独公演 のオープニングアクトを2年続けて担当した。2017年にはCreativeman主催の国内最大EDMフェスティバル「ele ctrox」へ初出演。また世界三大フェスの一つで通年の動員数が100万人を超えるEDCの東アジア初開催となった 「EDC JAPAPN」にも出演。2016年にはFC東京ホームグラウンドの味の素スタジアムにて開催されたランフェス の代名詞とも言える「エレクトリックラン」にも出演。2013年にはLos Angelsのダウンタウン最大級のCLUB「Exch ange LA」にGUEST出演し現地で喝采を得る。2016年にはThaBoogieBanditとPepe Orroと共作で『Bring It Back 』をPeakhour Recordsよりリリース。この曲がBeatport ELECTRO HOUSE Chartにおいて、日本人アーティストと して最高位の23位を獲得した。ageHa,ELE,Camelot,WOMBと言った日本を代表するCLUBのメインフロアでもSpinし 、地方のCLUBへの出演や台湾や上海やセブなどAsia国への出演も近年増えている。

【関連リンク】
●DJ moe
Instagram:https://www.instagram.com/djmoe_official/
Facebook:https://www.facebook.com/mtmtmoe/

●Tashka
Instagram:https://www.instagram.com/tashkamusic/

●SONE
Instagram:https://www.instagram.com/djsone_jpn/
Twitter:https://twitter.com/djsone_jpn

●HANABI RECORDINGS
Spotify:https://open.spotify.com/user/bft2ze8x8qxqkjk61yrvrl8e1?si=paOzFzdyToWcoN57cF1oiQ
Facebook:https://www.facebook.com/Hanabi-Recordings-179597506143527/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC_DLj13HzIqnzJQsID_Yw_w/videos?view_as=public&app=desktop

●HANABI MEDIA
Instagram:https://www.instagram.com/hanabimedia/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/hanabimedia

●Star Music Entertainment Inc.
HP:http://starmusic.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/star_music_inc
Facebook:https://www.facebook.com/Star-Music-Entertainment-Inc-309575329117117/


お問い合わせ
株式会社スターミュージック・エンタテインメント
TEL: 03-6809-0871 / Fax: 03-6809-0872
MAIL: info@starmusic.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る