• トップ
  • リリース
  • 【ザ・リッツ・カールトン東京】日本料理 ひのきざか-鉄板焼 新料理長着任のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1

ザ・リッツ・カールトン ホテル カンパニー L.L.C

【ザ・リッツ・カールトン東京】日本料理 ひのきざか-鉄板焼 新料理長着任のお知らせ

(PR TIMES) 2017年05月25日(木)13時35分配信 PR TIMES


ザ・リッツ・カールトン東京(所在地:東京都港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン内、総支配人:ジョン・ロルフス)の日本料理 ひのきざか-鉄板焼料理長に、谷口祐卓(たにぐち ゆたか)が就任いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/21197/78/resize/d21197-78-286024-0.jpg ]

谷口は高校を卒業後、地元和歌山の割烹料理店でキャリアをスタートしました。カウンター越しにまるでパフォーマンスのように鮮やかな手さばきで作られ、作り手から直接ゲストへ提供される料理、そして料理人がそれぞれのゲストに合わせて接客や調理を通して作り上げる食のエンターテインメントに魅力を感じ、ゲストと対面し、接客と調理を同時に行うカウンターでの調理の仕事に惹かれていきました。その後、“最高の料理は最高の空間から”を自身の信条とし、京都や大阪のレストラン、そしてホテルの和洋様々な調理の現場で経験を積み、鉄板焼シェフとしての道を歩み始めました。最高の空間の提供という信条を極めることを目標に、サービススタッフとしての経験も積みました。

谷口はバターや油の使用を極力抑え、素材の味が自然に出るよう工夫を凝らしています。ゲストが席に着かれた瞬間から、日常を忘れ最高の時間と空間を過ごしていただけるよう厳選した食材を使い、鉄板を使った今までにない新しい料理の創造に日々研究を重ねています。

谷口のコメント:
ザ・リッツ・カールトン東京の鉄板焼という最高のステージでゲストの皆様をお迎えできることに心から喜びを感じております。皆様に素敵な時間を過ごしていただけるよう、優れた食材と新しいメニューの探究に力を注いでまいります。スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

■ひのきざか 鉄板焼 料理長 谷口のスペシャルコース
谷口の料理長就任にあわせ、スペシャルディナーコースをご用意いたしました。谷口の出身地である関西を産地とする、世界的に有名な神戸牛とその産地である但馬牛をご提供いたします。ご提供する肉の部位にあわせ、料理人の技術を駆使して細かく調理方法を変え、味のバラエティを楽しんでいただきます。

提供期間:6月15日(木)〜7月31日(月) 午後5時半〜9時
料金:お1人様20,000円(税金・サービス料別)
メニュー:
神戸・但馬牛づくし
但馬牛タンの昆布締め
新生姜と神戸牛フィレサイド ゼリーよせ
神戸牛肩ロースの和風ローストビーフ
但馬牛イチボとトリュフ すき焼き風
コースサラダ 梅肉ドレッシング
神戸牛 フィレ50g 又は ロイン60g
白御飯 又は 神戸牛ガーリックフライドライス
赤出汁 香の物
フルーツ盛り合わせ

日本料理 ひのきざか-鉄板焼について
「ひのきざか―鉄板焼」では、日本各地から選りすぐった和牛をミートセラーからお選びいただき、鉄板焼ならではの技法で調理、素材のおいしさを最大限に活かした料理をお楽しみいただけます。店内はガラス製の“蹲踞(つくばい)”、 アルミ仕上げのタイルで構成された壁面など、モダンなデザインの内装が施された、ごゆっくりおくつろぎいただける空間で、こころゆくまで上質なダイニング・エクスペリエンスをご堪能ください。
席数(カウンターのみ):14席

ザ・リッツ・カールトン東京について
ザ・リッツ・カールトン東京は日本の首都、東京のエンターテインメントとビジネスの拠点である六本木に位置します。都内最高の高さを誇る東京ミッドタウンタワーの最上層9フロアを占めるレストラン、スパ、クラブラウンジ、そしてゲストルームからは360度の絶景が広がります。総客室数247のゲストルームのうち35室はスイートであり、ザ・リッツ・カールトン スパ&フィットネスでは至高の寛ぎをご提供します。 レストランは会席、寿司、天麩羅、鉄板焼をご提供する日本料理 ひのきざか、フレンチ  ダイニング アジュール フォーティーファイブ、そしてモダンビストロ タワーズの3店舗。ミーティングやイベント宴会施設、そして婚礼チャペルを完備しております。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る