• トップ
  • リリース
  • 銀座線・東西線・半蔵門線のホームドア設置を前倒しします

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

東京地下鉄株式会社

銀座線・東西線・半蔵門線のホームドア設置を前倒しします

(PR TIMES) 2016年11月04日(金)15時12分配信 PR TIMES

全駅へのホームドア設置推進のために努力していきます/お身体の不自由なお客様のご利用等を考慮し、設置工程を前倒しします/東西線・半蔵門線では優先駅を決定しました

 東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)では、すべてのお客様に安心してご利用いただけるよう、ホームでの安全対策(転落事故、接触事故の防止等)として、全駅へのホームドア設置を進めていますが、この度、銀座線・東西線・半蔵門線のホームドア設置計画を見直します。
 今回の見直しでは、お身体の不自由なお客様のご利用状況やホームの状況等を考慮し、銀座線、東西線及び半蔵門線の設置工程を前倒しするとともに、東西線は6駅・半蔵門線は7駅の優先駅を選定し、2019年度末までに設置します。

 東京メトロでは、引き続き一日も早く全駅にホームドアを設置できるように努めてまいります。
[画像1: http://prtimes.jp/i/20053/78/resize/d20053-78-217152-0.jpg ]


◆銀座線・東西線・半蔵門線ホームドア設置計画見直し概要
1 銀座線
(1)設置開始年度 2016年度末
(2)設置完了年度 2018年度上期(大規模改良工事を行っている渋谷駅、新橋駅渋谷方面ホーム除く)
(3)見直し概要
 銀座線は銀座線リニューアル工事を考慮し、浅草駅から渋谷駅方向に順次設置していく計画でしたが、目の不自由なお客様の転落事故が発生した青山一丁目駅、お身体の不自由なお客様のご利用が多い外苑前駅、赤坂見附駅の設置時期を前倒すことといたします。
 各駅の設置完了予定は下表のとおりです。
[画像2: http://prtimes.jp/i/20053/78/resize/d20053-78-950591-1.jpg ]


2 東西線
(1)設置開始年度 2017年度
(2)設置完了年度 2019年度末までに優先駅に設置完了
(3)見直し概要
 東西線は大開口ホームドア実証実験を行っている九段下駅を最初に設置するとともに、お身体の不自由なお客様のご利用が多い駅等を考慮し、高田馬場駅、飯田橋駅、早稲田駅、神楽坂駅、竹橋駅の6駅を優先駅として選定いたしました。
 各駅の設置完了予定は下表のとおりです。
[画像3: http://prtimes.jp/i/20053/78/resize/d20053-78-604390-2.jpg ]


3 半蔵門線
(1)設置開始年度 2017年度
(2)設置完了年度 2019年度末までに優先駅に設置完了
(3)見直し概要
 半蔵門線は2016年4月に発生させたベビーカー引き摺り事故に鑑みまして、発生駅である九段下駅を最優先に設置するとともに、お身体の不自由なお客様のご利用が多い駅等を考慮し、青山一丁目駅、表参道駅、永田町駅、半蔵門駅、渋谷駅、押上<スカイツリー前>駅の7駅を優先駅として選定いたしました。

 各駅の設置完了予定は下表のとおりです。
[画像4: http://prtimes.jp/i/20053/78/resize/d20053-78-424870-3.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る