プレスリリース

日本ペイントホールディングス株式会社

米国塗料メーカー Dunn-Edwards Corporation社の買収完了について

(PR TIMES) 2017年03月01日(水)16時32分配信 PR TIMES


日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:田堂哲志)は、 平成28年12月22日に「米国塗料メーカーDunn-Edwards Corporation社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ(以下、「本件公表プレスリリース」)」にて公表いたしましたとおり、米国塗料メーカーDunn-Edwards Corporation(以下、「DE社」)の完全子会社化(以下、「本取引」)にかかる関連諸手続きを進めて参りました。今般、平成29年3月1日を以て、本取引にかかる諸手続きが完了いたしましたのでお知らせいたします。

 当社は、2015年度よりスタートさせた3ヶ年の中期経営計画を、売上・収益の拡大、戦略事業・戦略地域でのリーディングポジション獲得に向けた基盤づくりと位置付け、ありたい姿として「Global Paint Major」を目指しております。
 当社は本取引により、従来は自動車用塗料が中心であった米国市場において、建築用塗料の製造・販売を本格化するための事業プラットフォームを獲得することとなり、今後は、DE社の有するリテール販売網を活用することで、米国での更なる事業拡大を実現いたします。本取引が、当社が目指す「Global Paint Major」の実現に、大いに貢献するものであると確信しております。


 なお、本件公表プレスリリース時点で非開示といたしておりました取得価額は、最終的に608百万USドルとなりました。

本取引による当社の連結業績に与える影響につきましては、今後精査を行い、業績予想の修正等、開示すべき事項が発生した場合は速やかに開示いたします。
 
 




プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る