• トップ
  • リリース
  • スカルプD夏季限定シャンプーが5月10日(水)新発売!今年は冷感強度の異なる2タイプスカルプD アイスクリスタル

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

アンファー株式会社

スカルプD夏季限定シャンプーが5月10日(水)新発売!今年は冷感強度の異なる2タイプスカルプD アイスクリスタル

(PR TIMES) 2017年03月10日(金)11時23分配信 PR TIMES

夏の頭皮をアイシング※!


アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山熊裕、以下「アンファー」)は、2017年5月10日(水)より「スカルプD」の夏季限定商品(スカルプD アイスクリスタル)2種を発売いたします。

スカルプDのアイスクリスタルシリーズは、夏の頭皮に着目したシャンプーです。夏は強い紫外線により頭皮が炎
症を起こしており、この炎症状態が続くことにより秋の抜け毛に繋がります。
そこで今回着目したのは夏の強い紫外線による「頭皮の炎症」です。今回のラインナップは夏の頭皮ダメージにア
プローチする瞬間冷感のエクストラクールタイプとひんやりとした冷感が持続するクールタイプの選べる2種類です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13377/76/resize/d13377-76-153914-2.jpg ]



スカルプD アイスクリスタル
炭酸※スカルプシャンプー
オイリーエクストラクール[脂性肌用]
※ 炭酸ガス(噴射剤)


[画像2: https://prtimes.jp/i/13377/76/resize/d13377-76-974685-1.jpg ]



スカルプD アイスクリスタル
スカルプシャンプー
オイリークール[脂性肌用]


なぜ、頭皮をアイシング※することが重要なのか
夏は肌と同様に頭皮も日焼けをしています。
日焼けとは、軽度な炎症(火傷)をしている状態です。
この頭皮の炎症(火傷)を放置すると雑菌や紫外線などの外的要因がさらに頭皮に影響を及ぼし、抜け毛などの症状につながります。
そこで、肌を炎症(火傷)時に冷却するように、夏の頭皮も冷やすことが大切です。※ 冷感をあたえること

スカルプD アイスクリスタルシリーズ
特長1. 夏の頭皮を冷やして保湿する2タイプのアイシング処方※2

[画像3: https://prtimes.jp/i/13377/76/resize/d13377-76-153914-2.jpg ]


エクストラクールタイプ
新発売のエクストラクールタイプは、定番のクールタイプに比べ冷感強度がパワーアップ。炭酸ジェットによる頭皮アイシング効果で瞬時に頭皮を冷やします。

スカルプD
アイスクリスタル
炭酸※スカルプシャンプー
オイリーエクストラクール
[脂性肌用]
※ 炭酸ガス(噴射剤)
発売日:2017年5月10日
容量:200g
価格:2,778円(税抜)3,000円(税込)


[画像4: https://prtimes.jp/i/13377/76/resize/d13377-76-974685-1.jpg ]


クールタイプ
前回のクールタイプがリニューアルし、冷感持続効果がパワーアップ。
冷感成分と保湿成分が時間差で発生することで、長時間頭皮を冷やします。
※2 冷感成分を配合した処方

スカルプD
アイスクリスタル
スカルプシャンプー
オイリークール[脂性肌用]
発売日:2017年5月10日
容量:350mL
価格:3,612円(税抜)3,900円(税込)

特長2. 夏の頭皮を守るクールプロテクト成分配合
夏の頭皮を癒し、過酷な環境から頭皮を守るクールプロテクト成分配合。
・海水ミネラル(保湿)
・モズクエキス(抗炎症)
・アルプス氷河水(熱耐性アップ)
・クラミドモナスエキス(抗炎症)

特長3. 夏の頭皮臭の原因菌にアプローチ!トリプルデオ成分配合
3種類の天然由来成分が頭皮のニオイの原因菌にアプローチ。夏場の気になる頭皮臭を防ぎます。

銀イオン水:高い殺菌能力を持つ銀イオン水は、潤いを与えながら頭皮を清潔に保ちます。

紅富貴エキス:消臭効果があり「メチル化カテキン」を含有した紅富貴は、気になるニオイを防ぎます。

カキタンニン:カキタンニンは古くから木材などの消臭成分として用いられています。
       緑茶タンニンに比べ、数倍高い消臭効果で気になるニオイを防ぎます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る