• トップ
  • リリース
  • 女性がスポーツに求めるのは「カラダ」だけじゃない?!「女性とスポーツについての意識調査」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

女性がスポーツに求めるのは「カラダ」だけじゃない?!「女性とスポーツについての意識調査」

(PR TIMES) 2016年07月28日(木)13時57分配信 PR TIMES

女性にとってスポーツとは? 女性たちの動向やインサイトを探る、情報サイト「BWRITE」の調査レポート

デジタルマーケティングカンパニーの株式会社ADDIX(本社:東京都港区 代表取締役社長:酒井大輔)が運営する、女性たちの動向やインサイトを探る情報サイト「BWRITE(ブライト)」は、「女性とスポーツについての意識調査」の結果レポートを発表いたしました。

[画像1: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-944018-4.jpg ]


今、アメリカの女性を中心に、スポーツウエアを取り入れたファッション「アスレジャー」がブームとなっています。日本でも、最近は芸能人やモデルなどの女性有名人が、ヨガやトレーニングの様子をInstagramにアップするのをよく見かけます。国内外問わず、女性たちの間には「スポーツをする女性=おしゃれ」というイメージが定着しつつあるようです。

では、女性たちにとって、スポーツとはどんな存在なのでしょう。BWRITEでは、18歳以上の女性226人に「女性とスポーツについての意識調査」を実施。その調査結果から、女性たちとスポーツとの関係について探りました。

女性を探る。知る。活かす。情報サイト「BWRITE」
「女性とスポーツについての意識調査」結果レポート
http://bwrite.biz/archives/13041
(結果詳細・全てのグラフはこちらから)

<調査概要>
「女性とスポーツについての意識調査」(調査実施:BWRITE)
【実施期間】
2016年6月2日(木)〜6月13日(月)
【調査対象・人数】
18歳以上の「Skets」会員女性 226名(有効回答)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【アンケート収集元】
共創コミュニティサービス「Skets」

※本調査結果のご利用について
本調査結果の転載はフリーですが、ご利用いただく際には、出典元の情報サイト「BWRITE」を明記していただきますようお願いいたします。
また、WEBメディアでのご掲載の際は、BWRITEサイト(http://bwrite.biz/)へのリンクをお願いいたします。
<クレジット表記例>
出典:情報サイト「BWRITE」(http://bwrite.biz/

<結果の概要>
◇「何らかのスポーツをしている」と答えた女性は約3割。
◇スポーツをしている割合は、18〜29歳で4割弱、30代と40代以上では3割弱。
◇「これからやってみたいスポーツ」、どの年代でも「ヨガ」が一番人気。
◇「これからやってみたいスポーツ」、「ウォーキング」は、40代以上で人気。
◇「現在行っているスポーツへの満足度」、9割が「やや/とても満足」。
◇ヨガを行っている女性では「とても満足」の割合が高い傾向あり。
◇「スポーツをする目的」、「健康」「リフレッシュ」「美容」が上位に。
◇「スポーツをして変わったこと」、どの年代でも「ストレス解消」が1位。

<調査結果の抜粋>
■「何らかのスポーツをしている」女性は約3割。
まず、どのくらいの女性がスポーツをしているのかを調べてみました。調査結果を見ると、約3割の女性が何らかのスポーツをしているようです。

[画像2: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-551658-3.jpg ]


年代別に見ると、何らかのスポーツをしている女性は、18〜29歳は4割弱、30代と40代以上は3割弱。今回の調査対象者の中では、もっとも年代が若い18〜29歳が、もっともスポーツをする割合が高いようです。

[画像3: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-606052-7.jpg ]


■これからやりたいスポーツは「ヨガ」が一番人気。
それでは、残りの7割にあたる、今運動をしていない女性が「今後やってみたいスポーツ」はなんでしょうか。調べてみると、どの年代でも「ヨガ」が一番人気のようです。

[画像4: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-958095-8.jpg ]


特に30代では、ヨガの人気がもっとも高いようです。その理由を見ると、健康やストレス発散などメンタル面の効果を期待する声が目立ちます。

[画像5: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-581478-10.jpg ]


【自由回答コメント:抜粋】
<ヨガをやってみたい理由>
「気持ちよさそうで、リラックスできそうだから」(30代/パート・アルバイト)
「メンタル面でのコンディションも整えたいから」(30代/派遣社員)
「無理しなくていいし、手軽だから」(40代以上/フルタイム勤務)

■やってみて満足度が高いのは、「ヨガ」と「ウォーキング」
では、実際に運動している女性は、どんなスポーツをしているのでしょうか。現在行っているスポーツを調査すると、「ヨガ」「ウォーキング」「ランニング」が上位のようです。

[画像6: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-951723-11.jpg ]


また、現在行っているスポーツへの満足度を聞いてみると、9割が「やや/とても満足」と答えており、ほとんどの女性が満足感を得ているようです。

[画像7: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-958095-8.jpg ]


さらにスポーツごとに満足度を細かく見てみると、「ヨガ」をしている人に「とても満足」という回答が多い傾向が見受けられます。「ウォーキング」では「やや満足」が多く、「ランニング」は「とても満足」から「やや不満」までさまざまな声があがりました。

満足度が高い「ヨガ」については、「心も鍛えられる」「すっきりする実感がある」といったコメントが理由としてあげられています。

【自由回答コメント:抜粋】
<ヨガ>
「とても満足:心も鍛えられるから」(30代/フルタイム勤務)
「とても満足:すっきりする実感があるから」(18歳〜29歳/フルタイム勤務)
「とても満足:考え方が変わり、心が広く、前向きに進めるようになったから。」(40代以上/パート・アルバイト)

<ウォーキング>
「とても満足:疲れていても歩くとリフレッシュする」(30代/パート・アルバイト)
「やや満足:自分の変化を実感できた」(30代/フルタイム勤務)

<ランニング>
「とても満足:体型に変化があったので」(18歳〜29歳/無職)
「やや満足:自分のペースで好きなときに出来るから」(30代/フルタイム勤務)
「やや不満:できる時とできない時の差があるので、もう少し手軽にできるスポーツを模索中です」(30代/パート・アルバイト)

■「スポーツをして変わったこと」は、どの年代でも「ストレス解消」が1位!
では、そもそも女性はどうしてスポーツをするのでしょうか。スポーツをする目的を聞いたところ、「健康のため」「リフレッシュのため」「美容のため」という回答が上位を占めまました。

[画像8: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-570595-9.jpg ]



一方、「スポーツをして変わったことは?」との問いに、全年代を通して最も多かった答えは「ストレス解消になった」でした。3割弱が「気持ちが明るくなった」とも答えており、女性にとってスポーツは、身体面はもちろんのことメンタル面の影響も大きいようです。

[画像9: http://prtimes.jp/i/12846/76/resize/d12846-76-316153-2.jpg ]


■スポーツに゛メンタル面”の効果を求める女性たち。「ヨガ」人気は今後も続きそう。
スポーツというと「体力作り」「筋力アップ」などの、゛カラダ面“ の効果に目が行きがちですが、女性たちはそれ以上に、゛メンタル面” での効果を実感しています。今後やってみたいスポーツの1位が、身体と心のバランスを整える「ヨガ」であることからも、そんな女性たちの志向がうかがえます。

俗に、ストレス社会と言われる現代。女性たちの間での「ヨガ」人気は、しばらく続きそうな気配です。

―――――
「BWRITE」では、今後もSkets会員に対して女性の購買動向やインサイトに関する意識調査を定期的に行い、分析の結果を記事として発表してまいります。
―――――

■「BWRITE(ブライト)」とは?
「BWRITE」(http://bwrite.biz/)は、デジタル時代に女性の共感ポイントをつかむヒントをお届けする情報メディアとして、2015年9月、新たに生まれ変わりました。現代を生きる女性たちの購買行動や消費心理を、独自に収集・分析した情報をベースにわかりやすく読み解き、情報価値の高い記事をお届けします。

好評の「マーケッター女子座談会」シリーズ、「マーケッター女子取材編」シリーズに続き、「企業インタビュー」の掲載をスタート。話題の企業のデジタルマーケティングへの取り組みなどをインタビュー取材し、記事にしていきます。

(※)「企業インタビュー」第1回目記事
【ホノルルコーヒー×Skets「アイデア会議」インタビュー】
人気カフェチェーンが、「生活者のアイデア」を採用する理由とは。
http://bwrite.biz/archives/12932

【会社概要】
会社名:株式会社ADDIX
代表者:代表取締役 酒井大輔
所在地:東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル10階
事業内容:デジタルマーケティング事業
インターネットビジネスの企画・開発・運営
EC支援マーケティング支援
コンサルティングデザイン&コンテンツクリエイティブ
システムソリューションの企画・開発
メディアプロデュース
http://www.addix.co.jp/

関連会社:
株式会社 2.(ツードット)http://two-dots.co.jp/
株式会社 SUGOI(スゴイ)http://sugoiinc.tokyo/

◇女性を知る。探る。活かす。
女性たちの動向やインサイトを探る情報サイト「BWRITE」
http://bwrite.biz/

★新着情報はこちら★
Facebook
https://www.facebook.com/bwrite.biz/
Twitter
https://twitter.com/addix_bwrite

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ADDIX(アディックス)
BWRITE(ブライト)編集部:松本桂子
Mail:bwrite@addix.co.jp
TEL:03-6427-7621



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る