• トップ
  • リリース
  • マークレビンソン・サウンドシステムが、レクサスの新型「LC500」に採用 新音響テクノロジーを駆使した新世代のオーディオシステム登場

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ハーマンインターナショナル株式会社

マークレビンソン・サウンドシステムが、レクサスの新型「LC500」に採用 新音響テクノロジーを駆使した新世代のオーディオシステム登場

(PR TIMES) 2016年12月12日(月)10時24分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/12767/75/resize/d12767-75-966557-0.jpg ]

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:仲井一雄)は、ハイエンド・オーディオという新しいジャンルを確立した米国を代表するオーディオブランドMark Levinsonのサウンドシステムが、レクサスの新型「LC500」にオプションとして採用されたことを発表します。

「Mark Levinson(マークレビンソン)」は、2000年からレクサスのブランドオーディオに採用され、以来全てのレクサス車でオプションブランドオーディオとして採用されています。「ラグジュアリー・ライフスタイル・ブランド」として新たな次元に進化するレクサスが、その第一歩として世に問う「LC500」に相応しい音を実現するため、マークレビンソンは新開発のスピーカーと、世界初となる音響テクノロジーを用いて音作りを行いました。

<特長>
● 13スピーカー レファレンス・サラウンドサウンドシステム
  IPセンター&左右:新開発2チャンネルコアキシャルスピーカー(ツイーター&ミッドレンジ)
  ドア:180mmウーファー
  リア・クオーター左右:新開発Unityスピーカー(ポリエチレン・ナフタレート製ツイーター&ミッドレンジ)
  リアシートセンター:新開発265mmサブウーファー(ケブラー※30%混パルプウーファー。
  システム中最大径)
●  QLS(Quantum Login Surround)音響テクノロジーにより、より精緻なチューニング
● 「Clari-Fi™」圧縮音源復元テクノロジーにより、圧縮音源もCDクオリティに近い音で再現
● 11チャンネルクラスDマークレビンソンアンプ(0.1%THD: Total Harmonic Distortion)

[画像2: http://prtimes.jp/i/12767/75/resize/d12767-75-909592-5.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/12767/75/resize/d12767-75-734736-1.jpg ]

※「ケブラー」は米国デュポン社の登録商標です。

<マークレビンソンについて>
ハイエンド・オーディオという新しいジャンルを確立した米国を代表するブランド「マークレビンソン」。その歴史ある設計思想は、現在も脈々と受け継がれ、常にエポックメイキングな製品を産み出し、世界中のオーディオファンからリファレンスシステムとして高い評価を受け続けています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、 JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で2,500万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。
ハーマンインターナショナルは全世界に29,000名の社員が在籍、2016年6月末までの12か月で69億米ドルの売上を報告しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る