• トップ
  • リリース
  • 稀代の狂言師・野村萬斎が、一夜だけ、たった100人の観客に向けて舞った「三番叟」「ボレロ」──奇跡の一夜が映像DVD+写真集で甦る!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

稀代の狂言師・野村萬斎が、一夜だけ、たった100人の観客に向けて舞った「三番叟」「ボレロ」──奇跡の一夜が映像DVD+写真集で甦る!

(PR TIMES) 2017年04月14日(金)15時22分配信 PR TIMES

野村萬斎×高谷史郎『三番叟/エクリプス(日蝕) MANSAIボレロ/転生』河出書房新社より発売

稀代の狂言師・野村萬斎が、一夜だけ、たった100人の観客に向けて舞った「三番叟(さんばそう)」「ボレロ」。メディア・アーティストの高谷史郎とのコラボレーションによる奇跡の一夜が映像DVD+写真集で甦る!
[画像1: https://prtimes.jp/i/12754/74/resize/d12754-74-364465-0.jpg ]


稀代の狂言師・野村萬斎が、一夜だけ、たった100人の観客に向けて舞った「三番叟(さんばそう)」「ボレロ」──メディア・アーティストの高谷史郎とのコラボレーションによって生み出された壮大なヴィジョン、奇跡の一夜が映像DVD+写真集で甦る!

◆「三番叟(さんばそう)」
狂言の「三番叟」の舞が、現代アートとのコラボレーションで「時代の闇」を払う舞に変容。野村萬斎は五穀豊穣を願うこの舞に「天地人」――天と地のあいだの混沌とした人の世界にあって、地の下の荒ぶる神を鎮める舞という現代的な解釈を加えた。

◆「ボレロ」
モーリス・ラヴェル作曲の「ボレロ」に、野村萬斎が折口信夫の「死者の書」から着想を得て演出、振付けを行い、メディア・アーティスト高谷史郎は冥界からこの世界に訪れたまれびと(来訪者)が、現世に生命と色彩を与え、次なる世界に転生してゆくというコンセプトを演出に反映した。

解説文=安藤礼二、長谷川祐子
[画像2: https://prtimes.jp/i/12754/74/resize/d12754-74-689128-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/12754/74/resize/d12754-74-861383-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12754/74/resize/d12754-74-697327-3.jpg ]



本書は、東京都現代美術館にて開かれた「東京アートミーティング 新たな系譜学をもとめて 跳躍/痕跡/身体」(2014年9月27日― 2015年1月4日)関連イベントおよび「東京都現代美術館開館二〇周年記念公演」として開催された公演の記録です。


【書誌情報】
書名:三番叟/エクリプス(日蝕) MANSAIボレロ/転生
著者:野村萬斎/高谷史郎
体裁:四六判上製/DVDブック(DVD44分1枚+写真集48ページ)/日英バイリンガル
価格:本体5556円(税別)
発売日:2017年4月12日
ISBN 978-4-309-27832-2
出版社:河出書房新社
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309278322/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る