• トップ
  • リリース
  • 初めてのパパ料理! 料理家 栗原心平の新刊『栗原心平の とっておき「パパごはん」』2017年4月26日(水)発売!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ゆとりの空間

初めてのパパ料理! 料理家 栗原心平の新刊『栗原心平の とっておき「パパごはん」』2017年4月26日(水)発売!

(PR TIMES) 2017年04月13日(木)15時29分配信 PR TIMES

2017年4月26日(水)、料理家 栗原心平の新刊『栗原心平の とっておき「パパごはん」』が講談社より発売になります。料理が初めての男性でも、子供と一緒に楽しんで挑戦できるレシピ本です!
[画像1: https://prtimes.jp/i/5608/74/resize/d5608-74-400706-5.jpg ]


仕事や用事で子供を置いて出かけなければならない、働く子育てママたちの願望→「お留守番を頼むとき、パパに食事支度までまかせられたら……」そんな切なる願いに、自身もひとりの夫であり、一児の父でもある栗原心平が本気で応えた企画。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5608/74/resize/d5608-74-340208-1.jpg ]


チャーハンやポークカレー、オムライスなど男の人になじみのあるレシピ、これを作ってくれたらママがニコニコしそうなレシピを厳選。作り方にも工夫を凝らし、初めてキッチンに立つパパにもわかりやすくまとめました。

1.男性が思わず作りたくなる憧れの料理
●中華食堂みたいなチャーハン
●喫茶店ナポリタン
●屋台の焼きうどん
●心平父仕込みのステーキ丼
●肉汁たっぷりパパ餃子 etc...

2.初心者でも作りやすい魔法の道具
●大胆に振ってもこぼれないフライパン
●肉が勝手においしくなる鍋
●米が驚くほどウマく炊ける土鍋 etc...

3.お子さんも一緒に作れるお手伝いポイント
●かまぼこで刃物の安全な扱い方を教えよう→チャーハン
●上手に卵を割ってみよう→オムライス
●肉だねの成形でテンションを上げよう→ハンバーグ etc...

[画像3: https://prtimes.jp/i/5608/74/resize/d5608-74-563558-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/5608/74/resize/d5608-74-139190-3.jpg ]


栗原心平コメント

料理が初めての男性でも、子供と一緒に
楽しんで挑戦できるレシピ本を作ってみました。
もちろん、それぞれ無理じゃない範囲でやればOK。
この本が、「パパごはんの日」を
月に一回でも実行してみるきっかけになったら
料理家として、また、ひとりの父親として
この上なくうれしく思います。


2017年 春
栗原心平


<基本情報>
タイトル:『栗原心平の とっておき「パパごはん」』
栗原心平(著)
出版社:講談社
発売日:2017年4月26日
価格:1,300円(税別)

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4062996898
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784062996891
楽天ブックス:http://books.rakuten.co.jp/rb/14713711/
ほかオンライン書店および全国の書店にて販売いたします。

[画像5: https://prtimes.jp/i/5608/74/resize/d5608-74-760945-4.jpg ]

【栗原心平プロフィール】
1978年生まれ。料理家 栗原はるみの長男。
(株)ゆとりの空間の代表取締役専務として会社の経営に携わる一方、幼いころから得意だった料理の腕を活かし、料理家としても活躍。全国各地のおいしい料理やお酒をヒントに、ごはんのおかずやおつまみにもなるレシピを提案している。2012年8月より料理番組『男子ごはん』(テレビ東京系列)にレギュラー出演中。

栗原心平(ゆとりの空間)HP:http://yutori.co.jp/shimpei/
栗原心平 公式インスタグラム:https://www.instagram.com/shimpei_kurihara/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る