• トップ
  • リリース
  • メディロム、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社と健康増進ビジネスにおけるパートナーシップ契約を締結

プレスリリース

株式会社メディロム

メディロム、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社と健康増進ビジネスにおけるパートナーシップ契約を締結

(PR TIMES) 2017年03月30日(木)15時25分配信 PR TIMES

株式会社メディロム(代表取締役:江口 康二、以下「当社」)と、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(社長:高橋 薫、以下「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命社」)は、両社が展開するサービスの拡充と新たなビジネス機会の創出に向けたパートナーシップ契約を締結しましたので、お知らせします。

 当社は「健康予防管理から医療まで一貫して提供できるヘルスケア総合商社」を目指し、店舗数東京No.1(※1)のリラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(※2)」をはじめとする店舗運営やヘルスケアIT開発を通し、健康増進から医療分野までの一貫した支援サービスを展開しています。
(※1) 一般社団法人 日本リラクゼーション業協会調べ、2015年7月末時点
(※2) 独自のメソッドである“肩甲骨ストレッチ”を中心に、肩甲骨や骨盤まわりの筋肉を柔らかくすることで疲れにくい身体づくりをサポートし、健康管理を行うリラクゼーションスタジオです。

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命社は、健康に関する新たな価値を提供する「健康応援企業」への変革を掲げ2016年9月から健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」を展開しています。健康を軸とした革新的な商品やサービスでお客さまと一生涯つながることを目指し、事業パートナーと連携した健康エコシステムの形成を進めています。

〈 パートナーシップ契約の概要 〉
このたび、本パートナーシップ契約を締結することで、両社のお客さまに対して健康に関する新たな価値を順次提供してまいります。具体的には、以下のサービスの実現に向けて両社で協議を進めてまいります。
1.) 当社が年間70万人の健康管理サービスを行う店舗運営及び医学研究にて作り上げている体質改善
プログラム「メディテス(※3)」と、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命社の健康サービスによる、新たなICTサービスの開発検討
2.) 両社のネットワークを活かし、「Re.Ra.Ku」店舗とデジタルを融合した健康サービスの展開
(※3) 当社が医師とともにプロデュースする体質改善プログラムです。ウェアラブル活動量計と専属アドバイザーが毎日の生活管理をフォローし行動変容へと導くことで、体質改善と健康増進をサポートします。

〈 パートナーシップ契約に基づくサービス 〉
Linkx会員(※4)は、当社が展開するリラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku」で、スマホのLinkx会員画面を提示することで10%の割引が受けられます。
(※4) 健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」より展開するアプリをダウンロードし会員登録を行った状態を指します。
【Linkxアプリシリーズ】
 Linkx siru(リンククロス シル):健康情報アプリ、Linkx reco(リンククロス レコ):ダイエットアプリ、 Linkx aruku(リンククロス アルク):お散歩アプリ

当社は、今後も「健康予防管理から医療分野まで一貫して提供できるヘルスケア総合商社」を目指し、一人でも多くのお客さまの健康増進に寄与すべく、取り組んでまいります。

■損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社の概要
社名 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
本社住所 東京都新宿区西新宿六丁目13番1号 新宿セントラルパークビル
代表     高橋 薫
設立 1981年7月7日
事業内容 生命保険業
資本金 172億5千万円

■株式会社メディロムの概要
社名 株式会社メディロム(旧:株式会社リラク)
本社住所 東京都港区南青山7丁目1番5号 コラム南青山4F
代表 江口 康二
設立 2000年7月
事業内容 スタジオ運営・開発事業/リアルメディア事業/ヘルスケア研究事業/
  ヘルステック事業/派遣・教育事業/フランチャイズ事業
資本金 4億4千120万円

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る