• トップ
  • リリース
  • 全国の中高生たちを対象に環境教育活動を実施「パワー・オブ・イノベーション2017」に参画しました

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

全国の中高生たちを対象に環境教育活動を実施「パワー・オブ・イノベーション2017」に参画しました

(PR TIMES) 2017年03月31日(金)10時46分配信 PR TIMES

〜「すべての人に真の豊かさをもたらす再生可能エネルギー最適化プランを提案せよ」〜

太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、CSR活動の一環として中学生・高校生・高専生のためのチャレンジプロジェクト「パワー・オブ・イノベーション2017」に参画いたしました。
【パワー・オブ・イノベーション2017とは】
全国から集まった中学生・高校生・高専生が企業の取り組みを通じて社会課題を解決していく、3日間の合宿型チャレンジプロジェクトです。参加している学生たちが、まず初めに企業人から現実の課題について講義を聞き、その後、課題を解決するために与えられたミッションに対して、アイデアをチームで考え、それを革新的な企画にしていきます。最終日には、企業人や参加者の前でプレゼンテーションを行い「グランプリ」の獲得を目指します。

(発電から消費まで電気流通の仕組みについて説明する様子)
[画像1: https://prtimes.jp/i/12501/72/resize/d12501-72-324893-0.jpg ]

(学生によるプレゼンテーションの様子)
[画像2: https://prtimes.jp/i/12501/72/resize/d12501-72-733315-1.jpg ]

「子供たちのため、次世代のために、環境を守る義務と責任を遂行する」ことを経営理念としている当社では、子供たちの豊かな発想を引き出すこのプログラムの趣旨に共感し、参画いたしました。今回、「世界に光を取り戻せ!」というイベントコンセプトの下、当社は「すべての人に真の豊かさをもたらす、再生可能エネルギー最適化プランを提案せよ」というミッションを提示し、子供たちに環境問題やエネルギー問題について考える機会を提供しました。

【本件の問い合わせ先】
株式会社エコスタイル 経営企画室 広報担当 岸田・荒川
TEL:0120-056-715 メールアドレス:kikaku@eco-st.co.jp


【パワー・オブ・イノベーション2017概要】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/12501/table/72_1.jpg ]



【エコスタイル提供講義内容 概要】

[画像3: https://prtimes.jp/i/12501/72/resize/d12501-72-351813-4.jpg ]


講師:株式会社エコスタイル
取締役電力事業部部長 中島 健吾

略歴:島根県益田市出身。横浜市立大学商学部卒。
外資系証券会社で株式の法人営業を経験後、信託銀行にて日本株のファンドマネージャーとヘッジファンド投資を担当。その後独立を目指し、大手商社グループでヘッジファンドのファンドマネージャーとなったが、同グループのファンドビジネス撤退を機に廃業。電力業界に転身して、電力の需給調整や卸売取引、デマンドレスポンス等の業務に携わったのち、エコスタイル取締役に就任し現在に至る。

■講義テーマ:社会が求めるイノベーション
講義内容:今、グローバルに起きている象徴的な出来事を読み解くことで「人類に突き付けられた課題」が見えてきます。講義では象徴的な出来事やそこから読み解ける課題を説明しながら、これからの社会においてイノベーションを起こすためのキーワードや、実際にエコスタイルがエネルギーと環境の分野で挑戦しているイノベーションについて伝え、子供たちはどうやってイノベーションを起こすのか、と問いかけました。
ミッション:「すべての人に真の豊かさをもたらす、再生可能エネルギー最適化プランを提案せよ」

(「社会が求めるイノベーション」全体講義の様子)
[画像4: https://prtimes.jp/i/12501/72/resize/d12501-72-394610-5.jpg ]

【授業を受けた参加者の声】
・真剣に取り組んでプレゼンテーションを作りあげるというのは達成感があり楽しかったです。(中学2年生、女性)
・エコスタイルのミッションがとても難しくて大変だったが、3日間、4人で力を合わせて頭をフル回転させてミッションに取り組めてとても楽しかった。(中学3年生、男性)
・今まで経験してきたことから得られたものと大きく異なる考えが非常に多く、斬新で面白いアイデアを学べた気がした。(高校1年生、男性)
・アウトプットしないとはじまらない!楽しめたら勝ち!人と関わるのは楽しいし、もっと色々な人と話したい!(高校1年生、男性)
・本当に世界が変わった3日間でした。田舎にいては分からないような世界、出会えない人たちをたくさん見ることができて、とてつもなく大きなものを得ました。(高校2年生、男性)


【今後の展開】
 当社は持続可能な社会の実現に向けて、「再生可能エネルギーの普及・促進」、「環境教育」、「ダイバーシティの推進」の3つを基本方針として掲げ、CSR活動に取り組んでおります。3本柱の一つとなる「環境教育」では、当社の事業である再生可能エネルギーの普及から得られるCO2削減等、環境保全に関する知見を、教育を通して次世代へ伝え、自然との共存共栄の重要性の理解を促進します。また自然の中での活動も併せて推進することで、子供たちの心身の健康を守り持続可能な社会の実現を目指します。

■株式会社エコスタイルCSR基本方針 詳細URL:https://www.eco-st.co.jp/csr


【会社概要】
社名   株式会社エコスタイル
所在地  東京本社:東京都千代田区丸の内 1丁目4番1号丸の内永楽ビルディング20階
大阪本社:大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル3階
設立   2004 年 10 月 5 日
資本金  5 億円
代表者  代表取締役社長 木下 公貴
事業内容 産業用太陽光発電システム販売・施工・メンテナンス
家庭用太陽光発電システム販売・施工・メンテナンス
電力小売事業、再生可能エネルギー発電事業
再生可能エネルギーファンド組成募集事業、損害保険代理業務
URL   http://www.eco-st.co.jp/

本件に関するより詳しい内容をご希望でしたら、お気軽にお問い合わせください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る