• トップ
  • リリース
  • コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションホテル総支配人に羽鳥 寛之(はとり ひろゆき)が就任

プレスリリース

  • 記事画像1

森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社

コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションホテル総支配人に羽鳥 寛之(はとり ひろゆき)が就任

(PR TIMES) 2015年09月02日(水)17時31分配信 PR TIMES

2015年11月2日に開業するコートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション(所在地 : 大阪市淀川区宮原1-2-70)では、2015年9月1日付でホテル総支配人に羽鳥 寛之(はとり ひろゆき)が就任いたしました。
1999年よりホテル業界でキャリアをスタートした羽鳥は、国内外のホテルにおいて宿泊部門を中心に豊富な経験を有しております。これまでの経験と優れたマネジメント経験を持つ羽鳥を総支配人に迎え、コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションは現代のビジネストラベラーのライフスタイルをサポートする世界水準のより快適なサービスを提供してまいります。

就任にあたり羽鳥は、「首都圏以外では初となるコートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションの開業を担う総支配人として、関西への玄関口である新大阪という場所で、大阪だけでなく京都・神戸の各地やホテルの魅力を伝えていけるようなサービスをお届けしてまいります。」と述べています。

羽鳥 寛之(はとり ひろゆき)略歴

[画像: http://prtimes.jp/i/6521/72/resize/d6521-72-528179-0.jpg ]



1975年神奈川県生まれ。法政大学経済学部卒業。リーガロイヤルホテル大阪、ヒルトン東京ベイ、シャングリ・ラ ホテル シンガポールにて宿泊部門に勤務し、主にフロントやゲストリレーション、リザベーションなどの経験を積む。その後、シャングリ・ラ ホテル 東京(開業準備、サービスマネージャー)、マンダリンオリエンタル マカオ(オペレーションマネージャー)を経て、東京マリオットホテルの宿泊部長およびコートヤード・バイ・マリオット 東京ステーションの運営統括部長を2015年5月まで務めるなど、国内外のホテルにおいて豊富な経験を持つ。

【「コートヤード・バイ・マリオット」について】
リフレッシュの空間を提供する「コートヤード・バイ・マリオット」は、オンライン接続環境を整え、お客様自身が滞在のスタイルを自ら選んでコントロールできるようなサービスを提供しています。現在38か国、1,000以上の都市に展開し、マリオットのポイントプログラム「マリオット・リワーズ」のポイントも加算されます。

【マリオット・インターナショナルについて】
マリオット・インターナショナルは米国メリーランド州ベセスダに本社を置く、グローバルホテル企業です。世界81の国と地域で、計19 ブランドのホテルやタイムシェア・リゾートなど4,300軒以上の宿泊施設を展開・運営しています。2014年度の収益は約140億USドルに達し 、卓越した倫理観と従業員満足度の高い企業としても広く認知されています。詳細はマリオット・インターナショナルのホームページ(www.marriott.co.jp)、もしくは日本語プレスルーム(http://www.mynewsdesk.com/jp/marriott-international) をご参照下さい。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る