• トップ
  • リリース
  • 「IATF 16949:2016規格の改定ポイントと移行対応解説セミナー」を5月25日(木)〜26日(金)に開催

プレスリリース

  • 記事画像1

一般財団法人日本品質保証機構

「IATF 16949:2016規格の改定ポイントと移行対応解説セミナー」を5月25日(木)〜26日(金)に開催

(PR TIMES) 2017年05月17日(水)14時18分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/3627/72/resize/d3627-72-802715-0.jpg ]

一般財団法人日本品質保証機構(本部:東京都千代田区、理事長:小林 憲明)は、「IATF 16949:2016規格の改定ポイントと移行対応解説セミナー」を、2017年5月25日(木)〜26日(金)に当機構本部にて開催いたします。

ISO/TS 16949は、顧客から高度な品質管理体制が求められる、自動車業界向けの品質マネジメントシステム規格です。本規格は、2016年10月1日に改定版「IATF 16949:2016」が発行されました。ISO/TS 16949:2009のご登録組織は2018年9月14日までに改定版へ移行する必要があり、移行にあたっては「IATF 16949:2016」の理解が不可欠です。

本セミナーでは、「IATF 16949:2016」の規格要求事項の詳細を分かりやすく解説するとともに、IATF承認取得ルール(ISO/TS 16949審査登録にて遵守すべき規準)の改定版(第5版:2016年11月1日発行)の改定ポイントについても併せて解説します。
また、「IATF 16949:2016」への移行にあたってのポイントや、内部監査で対応が必要な事項などについても詳しくご説明します。

▼セミナー概要

[表: https://prtimes.jp/data/corp/3627/table/72_1.jpg ]



【本セミナーに関するお問い合わせ先】
一般財団法人日本品質保証機構 マネジメントシステム部門 ISOセミナー事務局
TEL:03-4560-5678 / E-mail:iso-seminar@jqa.jp
営業時間:9:00〜17:00(土、日祝日は除く)

【一般財団法人日本品質保証機構(JQA)】
1957年の設立から、一貫して日本のものづくりとサービス産業の発展を、検査や試験、検定や認証サービスで支えてきた日本の代表的な認証機関。1990年代からISO認証の普及啓発に努め、ISO 9001、ISO 14001の認証件数は国内最多を誇る。また、ISO/IEC 27001などのセキュリティ関連規格、ISO/TS 16949(自動車)、JIS Q 9100(航空宇宙)などのセクター規格の認証も多数手掛ける。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る