• トップ
  • リリース
  • アジア太平洋地区のザ・リッツ・カールトンホテルが子供たちの人生を変える取組み「スマイルアジアウィーク」を開催 〜子供たちの笑顔を取り戻すため、2017年は累計150万ドルの寄付を目標額に設定〜

プレスリリース

  • 記事画像1

ザ・リッツ・カールトン ホテル カンパニー L.L.C

アジア太平洋地区のザ・リッツ・カールトンホテルが子供たちの人生を変える取組み「スマイルアジアウィーク」を開催 〜子供たちの笑顔を取り戻すため、2017年は累計150万ドルの寄付を目標額に設定〜

(PR TIMES) 2017年05月09日(火)11時42分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/21197/71/resize/d21197-71-833811-0.jpg ]

アジア太平洋地域のザ・リッツ・カールトンホテルは、今年で4年目を迎える独立チャリティ団体の世界的連合組織「スマイルアジア」のチャリティ活動を更に拡充し、募金の目標額を150万ドルに設定致します。2017年5月8日(月)〜14日(日)を「スマイルアジアウィーク」とし、口唇裂・口蓋裂などを含む顔面領域の変形に苦しむ子供たちに回復手術を提供するため、特製チャリティケーキを販売いたします。

アジア太平洋地域にある24のザ・リッツ・カールトンホテルに所属する10,000名を超える紳士淑女がこの活動に参加いたします。各国のペストリーシェフがその土地ならではの味の好みを反映し、ケーキのレシピを作成します。中国、香港、マカオ、シンガポールでは、チョコレート バナナケーキを販売いたします。世界的に人気が高く人々を笑顔にするヴァローナ社のチョコレートと子供から大人まで幅広く愛される味を持つバナナを組み合わせました。一部地域ではケーキを「スマイルアジアウィーク」のウェブサイト( www.smileasia.org )から注文し、ご希望の場所に届けることが可能です。母の日やお誕生日などご家族やお友達などとの特別なお祝いの際にぜひご利用下さい。また、日本国内の全てのザ・リッツ・カールトン(東京・京都・大阪・沖縄)では、ヴァローナ社のチョコレートを用いたチョコレートケーキを販売いたします。ご注文は各ホテルへのお電話、または店頭にて承ります。詳細は「スマイルアジアウィーク」のウェブサイト( www.smileasia.org )をご覧ください。

全ての収益は「スマイルアジア」に渡り、アジアで外科手術を行う医療ボランティアに送られます。スマイルアジアウィーク2017の収益は、ブータン王国から選定された2名の医師への整形手術の研修費用として使用されます。このプログラムは、スマイルアジアにとって、技術を持った医師の不足する国において長期的な自立支援に向けた初めての試みとなります。

ザ・リッツ・カールトンの紳士淑女はアジアの遠隔地で行われるボランティアにも参加し、メディカルミッションのサポートを行っています。外科手術ステーションの準備、患者登録、患者のマネジメントなどの多岐にわたるタスクをこなし、スマイルアジアの活動の成功に貢献しています。

「ザ・リッツ・カールトンは、ホテルを営業する各地において、その地域のコミュニティに貢献できるような基本理念を常に持ってまいりました。スマイルアジアウィークはリッツ・カールトンの紳士淑女が、自分たちの知識やスキルを近隣地域にシェアすることで、その地域の生活水準向上に貢献できる象徴的なイベントの一つであり、ゲストの皆様にこのサステナブルな努力に参加することを促すきっかけにもなるものです。私たちのスマイルアジアの活動によって多くの人々の生活をより良いものにできることを大変うれしく思います。」(マリオット・インターナショナル アジア太平洋エリア(中国を除く) ヴァイスプレジデント ラグジュアリー担当、 ビクター・クラヴェル氏のコメント)

現在までの過去三年間で、スマイルアジアへの寄付は合計1,250,154ドルを計上し、約1,515件もの手術をサポートしました。2017年には寄付金額が累計で150万ドルを超える見通しとなっています。

スマイルアジアとは
スマイルアジア(R)は口唇裂・口蓋裂などを含む顔面領域の変形に苦しむ子供たちに回復手術を提供する独立チャリティ団体の世界的連合組織です。スマイルアジア(R)は20カ国で活動を行っており、アジアでは13カ国でプログラムを実施しています。スマイルアジア(R)を通し、これまで全世界で60,000回を超える手術が行われてきました。

コミュニティフットプリントとは
「グローバルシチズンシップの拡大」を約束とし、ザ・リッツ・カールトンの社会責任と環境責任のプログラムであるコミュニティフットプリントは、当社のサービス価値、長期計画、事業運営に組み込まれています。この取り組みは、子供たちの幸福、環境保全、飢餓と貧困救済に重点を置いています。詳しくは、http://www.ritzcarlton.com/en/community-footprints(英語)をご覧になるか、Twitter: www.twitter.com/RitzCarltonCSR でザ・リッツ・カールトン・コミュニティ フットプリントをフォローしてください。

ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーについて
米国メリーランド州チェビー・チェイスに本社を構えるザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーL.L.C.は、現在、北米、ヨーロッパ、アジア、中近東、アフリカ、カリブ地区の30以上の国々において90軒以上のホテルと40軒以上のレジデンスを運営しています。またザ・リッツ・カールトン・リワードを擁するマリオットリワード(R)にも参画しています。メンバーの方は、members.marriott.comより、スターウッド プリファードゲスト (SPG) と連携し、無制限にポイント移行を行うことも可能です。各ホテルの詳細、およびご予約、最新情報に関しては、ザ・リッツ・カールトンの公式ウェブサイト( www.ritzcarlton.com )をご参照ください。ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーL.L.C.は、マリオット・インターナショナルの完全子会社です。公式ソーシャルメディアアカウントは以下よりご覧頂けます。ハッシュタグ#RCMemoriesをぜひご利用ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る