プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

東日本旅客鉄道株式会社

オフィスビルのBCP機能を強化します

(PR TIMES) 2017年07月12日(水)14時55分配信 PR TIMES


○JR東日本が所有する主要な既存オフィスビルについて、BCP(事業継続計画)に関する機能を強化し、お客さまに更なる「安全・安心」を提供いたします。
○実施コンセプトを、「耐える・留まる・安心する」と定め、2017年度より5か年計画で進めてまいります。
○今回機能強化するオフィスビルは、グラントウキョウサウスタワー、サピアタワーをはじめとしたオフィスビル8棟で、総投資額は約63億円です。
○JR東日本グループのオフィスビルでは、今後もソフト面・ハード面あわせてお客さまへ「安全・安心」を提供してまいります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/17557/70/resize/d17557-70-953711-0.jpg ]

1.実施コンセプト「耐える・留まる・安心する」について


JR東日本グループでは、BCPに対するニーズの高まりを受け、以下のBCP機能強化実施コンセプトを定めました。

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/17557/table/70_1.jpg ]




2.今回実施対象のオフィスビルについて
今回対象とするオフィスビルは、以下の8棟です。

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/17557/table/70_2.jpg ]


※括弧内は竣工年
※今回対象外のオフィスビルについても、継続して検討してまいります。

3.主な実施項目について
グラントウキョウサウスタワー、サピアタワーの対策項目は以下8項目です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/17557/70/resize/d17557-70-218351-1.jpg ]

※グラントウキョウサウスタワー、サピアタワー以外の今回対象オフィスビル6棟についても、上記に準じた対策を進めてまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る