• トップ
  • リリース
  • 素材から「モノづくりの原点」を勉強、製品開発に活かす 補整下着ダイアナ 本社ビル屋上で綿花栽培開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ダイアナ

素材から「モノづくりの原点」を勉強、製品開発に活かす 補整下着ダイアナ 本社ビル屋上で綿花栽培開始

(PR TIMES) 2016年07月20日(水)19時05分配信 PR TIMES

有機農園の土と、水素水で育てるコットン

プロポーションづくりの株式会社ダイアナ(東京都渋谷区、代表取締役社長:徳田充孝、以下ダイアナ)は、ダイアナ品質・美容健康研究所が中心となり、渋谷のダイアナ本社ビルの屋上に綿花の苗を植え、栽培を始めました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/12046/70/resize/d12046-70-692962-3.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/12046/70/resize/d12046-70-667023-4.jpg ]



■綿糸から育てる体験、製品開発に生かす

ダイアナは2016年7月1日に創立30周年を迎えました。補整下着メーカーとして繊維製品を扱っていますが、その原点である「綿糸」を綿から栽培・収穫する体験を通し、更なる製品開発に活かせたらという思いで、植苗を行いました。

土は千葉県有機農産物生産グループちば風土の会から分けていただき、水はダイアナオリジナルのアルカリ性電解水素水整水器「プラチナ 美ウォーター」の水素水を与えて育てています。

品種はアップランド種と和綿の2種で、ダイアナ本社ビルと滋賀県の商品本部の2ヶ所に合計150苗を植苗し、年末には綿花8kgの収穫を予定しています。


尚、綿花栽培開始にあわせて、ダイアナの屋上緑化も平行して進めています。


[画像3: http://prtimes.jp/i/12046/70/resize/d12046-70-223971-6.jpg ]



〔写真〕 ダイアナ本社ビル屋上


[画像4: http://prtimes.jp/i/12046/70/resize/d12046-70-200137-1.jpg ]



〔写真〕 商品本部駐車場


■「かこっとん。ふぁーむプロジェクト」に協力

江戸時代に全国屈指の綿の産地だった兵庫県加古川市で、地元の肌着メーカーであるワシオ株式会社が播州木綿の復活を目指し、休耕田で綿花の無農薬栽培に取り組んだことからスタート、地場産業である靴下と農業の活性化を目指したプロジェクトです。

詳細はこちら:http://www.mochihada.co.jp/kacotton/kacotton1.html

地場産業に新たな付加価値をつけてアピールし、産官学一体となって取り組む「かこっとん。ふぁーむプロジェクト」にダイアナは協力し、綿花も同プロジェクトから提供していただきました。


■綿花レポート
6月28日に植苗し、毎日すくすくと成長しています。
[画像5: http://prtimes.jp/i/12046/70/resize/d12046-70-444271-2.jpg ]



〔写真〕 植苗した日6/28


[画像6: http://prtimes.jp/i/12046/70/resize/d12046-70-946885-5.jpg ]



〔写真〕 7/20現在


■ダイアナについて
・会社名: 株式会社ダイアナ
・代表取締役社長: 徳田充孝
・本社: 東京都渋谷区富ヶ谷1-35-23
・カスタマーセンター(ご相談窓口): TEL0120-22-8866
・公式ホームページ: http://www.diana.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る