• トップ
  • リリース
  • 株式会社ロックオン、「宣伝会議サミット2016」に協賛。アドエビスコンサルタントの小岡がセミナーに登壇。

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ロックオン

株式会社ロックオン、「宣伝会議サミット2016」に協賛。アドエビスコンサルタントの小岡がセミナーに登壇。

(PR TIMES) 2016年10月27日(木)11時45分配信 PR TIMES

成功へ導く「カスタマージャーニー」〜獲得施策依存マーケティングから抜け出す方法〜


株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)は、2016年11月17日(木)に開催される「宣伝会議サミット2016」にスポンサーとして協賛いたします。

本イベントでは、アドエビスコンサルタントの小岡が、『成功へ導く「カスタマージャーニー」〜獲得施策依存マーケティングから抜け出す方法〜』と題し、登壇いたします。

本講演では、メディアプランニングの評価に必要な「オーディエンス軸のログ分析」と、「サイト外のユーザー行動を把握」できる仕組みを実現する、ロックオンで新開発したテクノロジーと、その事例をご紹介いたします。

宣伝会議サミット2016公式サイト:http://www.sendenkaigi.com/event/summit/

■セッション概要
【タイトル】成功へ導く「カスタマージャーニー」〜獲得施策依存マーケティングから抜け出す方法〜
【登壇日時】2016年11月17日(木)10:25〜11:05
【場所】ANAインターコンチネンタルホテル東京
http://www.anaintercontinental-tokyo.jp/access/
【講演者】小岡 崇
[画像: http://prtimes.jp/i/9812/69/resize/d9812-69-289325-0.jpg ]


株式会社ロックオン
コンサルティングサービス本部
コンサルティングサービス部 課長 兼 コンサルタント

2012年ロックオン入社。マーケティングプラットフォーム「アドエビス」を活用し、大手広告主・代理店様のマーケティングに関わるコンサルティングを担当している。データは分析して終わりではなく、そのデータを活かし、広告施策を効果的かつ効率化に導くため、各地で講演も多数行う等、幅広く活躍している。

【概要】カスタマージャーニーの本質は『消費者に知ってもらい、検討してもらい、購入してもらい、ファンになってもらう』といった顧客とブランドの接点をプロセス立てて考える事であり、これを基にメディアプランニングする事が一般的となりました。メディアプランの評価には、オーディエンス軸のログ分析と、サイト外のユーザー行動を把握できる仕組みが必須です。講演ではロックオンで新開発したテクノロジーとその事例をご紹介します。

【お申込み】https://www.event-forum.jp/sendenkaigi/summit/2016/seminar.asp

■関連サイトURL
マーケティングプラットフォーム「アドエビス」:http://www.ebis.ne.jp/
カスタマージャーニー分析紹介ページ:http://www.ebis.ne.jp/customer_journey/

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
九州支社:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通ビル
代表者:岩田 進(いわた すすむ)
設立:2001 年6 月4 日
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「アドエビス」「THREe」
・ 商流プラットフォーム 「EC-CUBE」「Solution」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」
URL:http://www.lockon.co.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る