プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社 シーエスラボ

化粧品OEM:シーエスラボが、就寝前美肌ジェルを開発

(PR TIMES) 2015年08月27日(木)13時19分配信 PR TIMES

眠りを深く、肌を美しく。進化する「お休み前のスキンケア」

オリジナル化粧品受託製造(化粧品OEMメーカー)シーエスラボが、
睡眠と美肌の関連性に着目し、保湿力が高く、かつ速乾性に優れ、アロマセラピー効果
を発揮する、就寝前に使えるジェルを開発した
[画像1: http://prtimes.jp/i/2019/69/resize/d2019-69-735253-1.jpg ]



1.肌の悩みは「睡眠不足」に起因

[画像2: http://prtimes.jp/i/2019/69/resize/d2019-69-648243-2.jpg ]



 忙しい現代人は慢性的な睡眠不足、と言われている。
はたして、それは本当なのだろうか。
睡眠と肌の状態の関連性に着目した調査を見てみよう。
大手化粧品会社のS社が2015年5月に20代〜40代女性を対象に実施した「生活環境とスキンケア」調査によれば、
「日常的に睡眠不足を感じる」「睡眠不足を感じたことが
ある」と回答した女性の比率は、71.7%におよんでいた。
4人に3人が睡眠不足を意識しているわけだ。

また、通販化粧品メーカーD社が睡眠が肌に与える影響に
関して、2013年3月に実施した調査でも、同様の結果が
出ている。「睡眠に満足していますか」という問いに、
「かなり満足」「満足」と回答したのは、全体の約4割。6割近い女性は自分の
睡眠に満足していない実態が明らかになっている。

これらの調査では、睡眠不足が肌にもたらすトラブルについても尋ねている。
S社の調査では、肌トラブルとしてもっとも多く挙がったのは、「くま」で約60%、
次いで「くすみ」(50%)、「にきびや吹き出物」(約40%)、「乾燥」(約40%)、
「ごわつき」(約25%)と続く(複数回答)。

D社の調査はどうか。もっとも多かったのは「化粧のり」で約55%。
2位が「くすみ」で約45%、「たるみ」が約40%、「乾燥」「顔色の悪さ」がともに30%。
S社の調査は20代〜40代が対象ですが、D社の調査は、20代〜60代まで幅広い年齢の
女性を対象にしている。その対象年齢の違いが、睡眠不足による肌トラブルの内容に
反映されているようだ。

両者の調査からうかがえるのはーー
1) 睡眠不足は肌のくすみを招く
2) 睡眠不足はごわついて乾燥した肌を招き、化粧のりが悪くなる
3) 睡眠不足は、若年層であれば「にきびや吹き出物」、年配の女性であれば
「たるみ」といった、その年齢特有のトラブルをさらに加速させる

とりわけ注目したいのは3)だ。睡眠不足はもともと肌が陥りやすいトラブルを拡大
させてしまう傾向がある。
つまり、たるみやくすみ、乾燥といった加齢による悩みを抱えている女性にとって、
睡眠不足が与える影響は深刻だということ。
安眠をいかに確保するかは、エイジングケアの鍵といえる。

2. 睡眠不足時のスキンケア
 では、睡眠不足を自覚した女性たちはどのような対策を講じているのだろうか。
D社の調べによれば、睡眠不足による肌の不調を感じたときの女性たちのお手入れ方法
ベスト3は以下の通りだった。

1) いつもより念入りに保湿ケアをする
2) パックやマスクをする
3) マッサージをする

保湿を重視している実態がうかがえる結果である。もっとも同調査では、1位の
「いつもより念入りに保湿ケアをする」に次いで多かった回答は「特に何もしない」
だった。睡眠不足が肌に良くないとわかっていても、就寝前のお手入れは面倒臭い、
それよりも早く眠りたいと考える女性が多いのかもしれない。

ともあれ、「保湿」が睡眠不足による肌トラブルを改善するキーワードであることは確か。
保湿力が高く、かつ就寝前でも手間がかからない方法があれば、「特に何もしない」
という女性は減っていくのではないだろうか。

3. スキンケアとアロマセラピー効果の合わせ技

[画像3: http://prtimes.jp/i/2019/69/resize/d2019-69-402865-3.jpg ]



 睡眠不足に関する女性たちの意識やお手入れの実態を踏まえて、シーエスラボは
就寝前に簡単に使えるジェルタイプの「ウォーターパック」を開発した。
アロマセラピーによる効果をベースに、独自に開発した安眠コンプレックス
(Fresh Relaxing Herbal Complex)と、肌の機能を整える効果のある米由来の
5つの原料を配合。シーエスラボが得意とするジェルの最新技術を駆使して、肌の
ターンオーバーを促進し、快適な眠りに導く高保湿力のパックを実現している。

安眠コンプレックスは、心を落ち着ける効果のあるラベンダーや緊張感を解きほぐす
効果のあるイランイラン、寝付きを良くする効果のあるオレンジ、呼吸を楽にする
作用のあるユーカリなどを配合した独自処方だ。

5つの米由来原料の内容は以下の通り。いずれも高い保湿力を期待できる成分揃いだ。

 ・肌荒れ防止や耐光性に優れたイノシトール
 ・保水・水分蒸散抑制効果のあるコメデンプン
 ・優れた保湿効果と乾燥による荒れ肌改善効果が期待できるコメ発酵液
 ・保湿効果のあるコメヌカ油
 ・水分蒸散を防ぎ、外部刺激から肌を守るコメ胚芽油

もう一つ、この「ウォーターパック」の大きな特徴といえるのが速乾性の高さである。
寝る直前につける化粧品の乾きが遅いと、乾くまでは安心して眠りにつくことができない。
枕や寝具、髪の毛についてしまうおそれがあるからだ。
そこでシーエスラボは、肌につけてすぐに眠りについても問題がないように、速乾性
にこだわり、かつ高い保湿力を備え、アロマセラピー効果で安眠をもたらすスキン
ケアアイテムを追求した。
肌に優しいため、翌朝、洗い流してもそのままつけたままでもいい。
目の周りに使用しても問題ない。
いってみれば、ウォーターパックは肌を優しく保湿するジェルとアロマセラピー効果
の強力な合わせ技。冬のシーズン向けには、保湿力をさらに強化した冬バージョン
の開発も可能だ。忙しい現代女性の安眠と美肌をサポートする「ベッドサイドアイテム」
としての需要が大いに期待される。

今後も、シーエスラボの技術力や商品開発力にご期待ください。

現代女性のニーズを踏まえた化粧品の開発を検討したい方はぜひ下記へ連絡してみてください。
http://www.cs-lab.co.jp/app/web/inquiry/

☆―――――――――――――――――――――――――――
マーケティングブログを更新しました。
http://www.cslab.jp/
―――――――――――――――――――――――――――★
新たに化粧品を開発したい、化粧品ビジネスへ参入したい・・・という皆様の、
ヒットする商品開発、事業発展にお役にたちたいとの気持ちから、
弊社マーケティングスタッフが収集した情報を提供しているブログです。

最新回のテーマは「夏パックは最強のエイジングケア」。
暑い夏、女性たちのエイジングケアの実態とパックの使用状況について探ります。
http://www.cslab.jp/category/2021250.html

夏の肌疲れはその日のうちに 夜用美容液最前線
http://www.cslab.jp/category/2020043.html



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る