• トップ
  • リリース
  • パソナ、三越伊勢丹、NTTデータら「民間企業8社」が連携 宮崎県小林市で『日本版DMO』による観光振興推進を開始

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社パソナグループ

パソナ、三越伊勢丹、NTTデータら「民間企業8社」が連携 宮崎県小林市で『日本版DMO』による観光振興推進を開始

(PR TIMES) 2016年06月22日(水)14時32分配信 PR TIMES

7月2日、3日 北霧島の魅力発信の方向性を考える「いなかソンin小林」開催

パソナグループの株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長COO 佐藤司)は、宮崎県小林市の観光振興による地方創生を目指した日本版DMO(※1)の設立に向けて「北霧島観光振興機構(DMO)推進支援事業」の事業運営を6月23日(木)から開始いたします。
7月2日(土)、3日(日)には、地域の大学・金融機関・民間企業の職員や市民など40名以上が参加して、小林市の魅力や観光振興に向けた課題について意見を出し合うアイデアソン(※2)企画「いなかソンin小林」を小林中央公民館(小林市細野)にて、キックオフイベントとして開催いたします。
急激な人口減少と高齢化に直面する宮崎県小林市は、現在の総人口45,851人(2016年6月1日付小林市現住人口より)が2030年には約7,000人減少すると予想されています。一方で、小林市は九州の都市部と距離が離れているため、豊かな自然環境とともに地域に根差した歴史や文化、また住民同士の地域コミュニティが色濃く残っている地域です。

そこで小林市では、2017年度に北霧島地域の「日本版DMO」を設立するべく、市内外の人材やノウハウの獲得、多様な関係者との連携構築、交流人口や集客の拡大、地場産業の維持拡大を目指しています。また、観光振興に向けた基盤形成を多面的に行うことで、地域一体となった観光ビジネスを確立することを目指して、パソナをはじめとした民間企業8社と連携(※3)して「北霧島観光推進事業」を展開しています。

そしてこの度、パソナは「北霧島観光振興機構(DMO)推進支援事業」を6月23日(木)から開始し、DMOの推進や地域の魅力向上を図るために必要なスキルを有する人材の育成、観光振興策の企画、地域の特産品の新たな魅力創出やプロモーションなどを民間企業のノウハウを取り入れながら行ってまいります。また、“都市圏と北霧島地域をつなぐ”をコンセプトに、ICTを活用したテレワーク等の新しい働き方の導入を推進し、各領域で専門的なノウハウや実績を有する三越伊勢丹、NTTデータ、アイクリエイト、パソナ農援隊などと連携しながら、観光振興に向けた基盤形成を目指してまいります。

パソナは本事業を通し、多角的な公民連携による観光振興フレームを構築し、積極的な情報発信を行うことで、小林市や北霧島地域の地方創生・雇用創出に寄与してまいります。

(※1)日本版DMO
DMOは「Destination Marketing/Management Organization」の略称。地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人のこと。(出典:観光庁HP)

(※2)アイデアソン
「アイデアソン(Ideathon)」とは、アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語で、ある特定のテーマについて、多様なメンバーが集まり、対話を通じて新たなアイデア創出やアクションプラン・ビジネスモデルの構築などを短期間で行うイベントのこと。
今回は、「いなかソン」と題し、小林市内外から参加者を募り、対話の中から地域活性化につながるアイデアを導き出すほか、講師による講演なども予定。

(※3)8社の連携とは
小林市は2017年度の北霧島地域の観光DMO設立に向けて、下記8事業者と連携し「北霧島観光推進事業」を展開しており、各社の専門知見を活かした多角的施策展開により、地域一体となった観光ビジネス確立を目指している。
・株式会社パソナ(人材育成支援と総合プロデュース)
・株式会社パソナ農援隊(農業・観光人材育成)
・株式会社三越伊勢丹(地域特産品の新たな魅力創出とプロモーション支援)
・株式会社NTTデータ(都市圏と地方を結ぶテレワーク環境整備)
・有限会社地方創発計画(国内でのDMO設立実績を活かしたコンサルティング)
・株式会社アイクリエイト(観光振興企画立案支援)
・株式会社電通パブリックリレーションズ(シティプロモーション)
・株式会社Wasei(シティプロモーション)


■ キックオフイベント「いなかソンin小林」7月2日、3日開催 概要
日時: 2016年7月2日(土)13:30〜21:30(※懇親会を含む)、2016年7月3日(日)09:00〜16:00
※ 原則2日間とも参加が必要
場所: 小林中央公民館大集会場(宮崎県小林市細野38番地1)
対象: 北霧島地域の観光振興、日本版DMOの形成、地方創生に興味がある方や、下記のような思いを持つ方
・あのYouTube動画で有名になった、宮崎県小林市に興味がある方( https://www.youtube.com/watch?v=jrAS3MDxCeA
・現地で「フランス語に聞こえる西諸弁(にしもろべん)」を聞いてみたい方
・特産の農作物(牛肉、鶏肉、果物等)をプロデュースしてみたい方
・小林市が好き、小林市を盛り上げたい!という方
・地方移住、地方での起業に興味のある方
・アイデアソンを体験してみたい方
定員: 40名(要事前予約、定員になり次第締め切り)
参加費用: 3,500円(2日間の参加費および懇親会費)※ 小林市までの交通費、現地宿泊料、食費(除く土曜の懇親会)は自己負担
内容: いなかソン概要説明 / フィールド調査 / アイデア創出方法のレクチャー / 問題点や魅力の書き出し /インプットセミナー / グループワーク / アウトプット発表会 / 懇親会
申込方法: 下記Facebookイベントページ、もしくは電話にて事前申し込み
https://www.facebook.com/events/1575440466083337/
Tel 0984-23-1174(小林市経済土木部商工観光課)
お問合せ: 小林市経済土木部商工観光課 Tel 0984-23-1174


■「北霧島観光振興機構(DMO)推進支援事業」概要
事業開始: 2016年6月23日(木)
内容: 観光振興機構(DMO)の設立に先立ち、観光振興による雇用創出や、基幹的産業である農業および関連する産業振興を推進し、地域経済の活性化を図るため、DMOの設立準備とあわせて、地域人材のスキルアップ、魅力ある観光資源の再開発、プロモーション展開の強化等、以下5つの事業を一体的に実施する
1.地域人材育成研修事業(パソナ農援隊と連携)
2.観光振興策企画事業(アイクリエイトと連携)
3.地域特産商品魅力創出事業(三越伊勢丹と連携)
4.テレワーク活用環境整備事業(NTTデータと連携)
5.コミュニティスペース運営支援事業
お問合せ: 
・小林市経済土木部商工観光課 Tel 0984-23-1174
・北霧島観光振興機構(DMO)推進支援事業 事務局(パソナ・宮崎内) Tel 0985-35-5641 E-mail p.miyazaki@pasona.co.jp
備考: 本事業は株式会社パソナが小林市より受託して実施

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る