• トップ
  • リリース
  • テンプホールディングス、ピープルアナリティクスで店舗人員の最適化を支援するPercolataへ出資

プレスリリース

テンプホールディングス株式会社

テンプホールディングス、ピープルアナリティクスで店舗人員の最適化を支援するPercolataへ出資

(PR TIMES) 2017年01月25日(水)17時21分配信 PR TIMES

総合人材サービス、パーソルグループのテンプホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:水田正道、以下テンプホールディングス)は、ピープルアナリティクスで店舗人員の最適化を支援するPercolata Corporation(本社:米国 カリフォルニア州、CEO:Greg Tanaka、以下Percolata)へ出資を実施しました。出資は、グループ内でHR Tech(※)領域への投資などオープンイノベーションを推進するTemp Innovation Fund合同会社(本社:東京都渋谷区、代表パートナー:加藤丈幸、以下Temp Innovation Fund)を通じて実施されました。

(※)HR Tech:HR+Tech(nology)の略、ITなどテクノロジーを人事領域(採用、評価、最適配置、社員の能力開発など)に活用し、人事課題の解決や効率化の実現につなげる。
■出資の目的

昨今、人事情報を解析し、パフォーマンス、採用要件、適材適所等をデータ予測する「ピープルアナリティクス」という分野が注目を集めています。Percolataは、小売店舗で働く人の人事情報やパフォーマンスなどのデータから、最適なシフトを予測し売り上げに貢献する、小売店舗向けのピープルアナリティクスサービスを提供しています。

Percolataの提供するテクノロジーは、世の中の多くの小売店舗の最適な人材活用に寄与できると考え、このたび出資を実施することに至りました。

テンプホールディングスではTemp Innovation Fundを通じて、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」実現に向け、今後も革新的なHR Tech領域に出資してまいります。

■Percolata Corporationの概要

Percolataは、独自開発のセンサーなどにより集積したビッグデータの分析に基づき、小売店舗の来客者数を予測し、従業員の最適なシフト管理を提案するサービスを行っている企業です。Percolataが提案するデータは、人工知能による機械学習を通じて、時間の経過と共により予測精度が高まります。
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/16451/table/68_1.jpg ]



■参考:Temp Innovation Fundの概要


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/16451/table/68_2.jpg ]



※プレスリリースに記載されている内容は、発表日現在のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る