• トップ
  • リリース
  • 旅行者を中国語でもてなす、すぐに使える実用的なフレーズ。新番組のNHKラジオ「おもてなしの中国語」テキストを発行 

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社NHK出版

旅行者を中国語でもてなす、すぐに使える実用的なフレーズ。新番組のNHKラジオ「おもてなしの中国語」テキストを発行 

(PR TIMES) 2017年03月29日(水)11時18分配信 PR TIMES


2017/3/27ニュースリリース
〜NHK出版より新商品のご案内〜

旅行者を中国語でもてなす、すぐに使える実用的なフレーズ。
新番組のNHKラジオ「おもてなしの中国語」テキストを発行 

NHKラジオの新番組「おもてなしの中国語」放送番組テキストでは、カタカナとローマ字ピンインの発音を併記し、初心者でもわかりやすく安心。「おもてなし」の場面で効果的な短いフレーズがすぐ学べます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18219/67/resize/d18219-67-157848-0.jpg ]


NHK ラジオ おもてなしの中国語テキスト 2017年4月号
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000009539042017.html


【放送番組テキスト】
商品名   おもてなしの中国語
刊行頻度  月刊(放送前月18日)
定価 486円(本体450円)
判型  A5判


2016年に日本を訪れた外国人2,403万人のうち、過半数を超える1,238万人が中国、台湾、香港などからの訪日客で、ほかの中国語圏を含めれば6割近くが中国語を話す人々といわれます。滞在中に使う金額は2兆円を超えるともいわれ、インバウンド(外国人の訪日旅行)関連市場は大きく広がっており、もはやだれもが中国語とは無縁ではいられない現状といえるでしょう。

 これまでもNHKの中国語講座では、例えば「壇蜜さんと学ぶ お悩み解決 とっさのおもてなし中国語」などが設けられ、NHK出版ではそれらを放送番組テキストに収載し、社会的なニーズに応えてきました。
2017年度は「まいにち中国語」「レベルアップ 中国語」「テレビで中国語」の3講座テキストに加え、ラジオの新番組となる「おもてなしの中国語」テキストを発行し、NHK出版ではさらなるニーズに応えてまいります。

番組では毎回「おもてなしのひとこと」という短いフレーズを2つ提示し、無理のない習得につなげています。フレーズは挨拶や、店頭で声をかけたり手伝ったりするシチュエーションに加え、数字や割引の表現、スマホの利用や操作など、実際に遭遇するシーンを厳選しています。
発音を示すローマ字「ピンイン」だけではなく、カタカナ表記も用いて、中国語を初めて学ぶ方やサービス業などで使いたい方がすぐ用いることができるようにも工夫しています。
これらの基本学習項目は以下のように、すべて放送番組テキストに収載されます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/18219/67/resize/d18219-67-440380-1.jpg ]



また日本の名所や習慣を中国語で紹介する「わかって欲しい! 日本のこと」のコーナもあります。簡単なあいさつや日常会話にとどまらない、語り合いができるテーマも充実します。

新講座「おもてなしの中国語」で、出会い、ふれ合い、語り合いのご縁を増やしませんか。個人学習はもちろん職場や地域で、番組とともに活用できる「おもてなしの中国語」の放送番組テキストをぜひご利用ください。

NHK出版では、当該テキストの音声教材も、以下のような形で提供しております。

【音声教材】
月刊語学CD おもてなしの中国語 
刊行頻度   月刊(放送前月18日)
価格   1,512円(本体1,400円)
判型   B6変型判

NHK語学テキスト 音声ダウンロードチケット
刊行頻度   3.6.9.12月刊(14日)
価格 972円(本体900円)
1冊あたり1講座1か月分の、月刊語学CDと同じ内容の音声をダウンロードして利用できます。

アプリNHK語学プレーヤー
価格     960円(4月号特別価格840円)
アプリは無料、スマホ学習に最適な機能があります。音声はアプリ内課金で有料にて購入できます。


放送日時など番組情報詳細につきましては、NHK語学番組のウェブサイト「NHKゴガク」でご確認ください。
https://nhk.jp/gogaku



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る