• トップ
  • リリース
  • “道徳の麗澤大学”による道徳シンポジウム開催(1月21日)のお知らせ-「道徳の教科化と道徳教育への期待」―

プレスリリース

  • 記事画像1

“道徳の麗澤大学”による道徳シンポジウム開催(1月21日)のお知らせ-「道徳の教科化と道徳教育への期待」―

(PR TIMES) 2016年12月15日(木)15時32分配信 PR TIMES


麗澤大学(以下“本学”)では、文部科学省から「道徳教育の抜本的改善・充実にかかる支援事業」を受託し、平成29年1月21日(土)に、シンポジウム「道徳の教科化と道徳教育への期待」を柏の葉カンファレンスセンター(三井ガーデンホテル柏の葉)で開催いたします。
シンポジウムでは、第一部で本学副学長 井出元による基調講演「道徳を何のために教科化するのか?」を、第二部では基調講演を受けて、参加者によるワークショップを行い、第三部のパネルディスカッションでは、ワークショップで出た問題を教育現場、PTA、教育行政、地域の企業それぞれの立場で理解を深める機会にしたいと考えております。是非ご参加ください。
なお、本学では、小・中学校における道徳の教科化の一番の課題である教員養成に向けて、 平成30年度の大学院開設を目指しております。

シンポジウムの概要は以下の通りです。

<開催日時> 平成29年 1月 21日(土) 13:30〜17:30 (参加無料・定員300名)
<会   場> 柏の葉カンファレンスセンター
        柏市若柴178番地4 三井ガーデンホテル柏の葉2階
        (つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅西口より徒歩2分)
<プログラム>
●基調講演:  井出 元 麗澤大学副学長/千葉県教育委員会委員
         「道徳の教科化の背景、何のための教科化か」
●ワークショップ:「道徳教育に何を期待し、何を不安と感じるか」
●パネルディスカッション:「子どもたちが未来の社会で活躍するための道徳教育とは」

ファシリテーター:八木秀次 麗澤大学教授/教育再生実行会議有識者委員

●パネリスト(敬称略):
1.鈴木 明雄 東京都北区立飛鳥中学校長/元全日本中学校道徳教育研究会長
2.長谷川 由美子 千葉県教育庁指導課指導主事
3.須藤 昌英 柏市教育委員会指導課統轄リーダー
4.大田 紀子 千葉県PTA連絡協議会会長
5.吉田 智紀 千葉県柏市PTA連絡協議会会長
6.大沼 隆 公益社団法人柏青年会議所理事長
7.江島 顕一 麗澤大学助教

「麗澤 道徳シンポ」でインターネット検索して、お申し込みください。
http://www.reitaku-u.ac.jp/2016/12/01/59401

[画像: http://prtimes.jp/i/14665/67/resize/d14665-67-458347-0.jpg ]


【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学校・幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界約20の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。平成28年は廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、様々な記念事業を開催しています。
廣池千九郎生誕150年 Webサイト:http://www.hiroike-chikuro.jp/150th/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る