• トップ
  • リリース
  • 2017年、最も注目するのは「ドナルド・トランプ氏の就任による政権動向」。ビジネスパーソンが選ぶ【2017年 新年の意識調査】をVSNが発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

2017年、最も注目するのは「ドナルド・トランプ氏の就任による政権動向」。ビジネスパーソンが選ぶ【2017年 新年の意識調査】をVSNが発表

(PR TIMES) 2017年01月12日(木)10時37分配信 PR TIMES

今年、進化に期待するテクノロジーは「自動運転システム」。昨年に続いて不安を感じるのは「震災・自然災害」。

人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、全国・男女20〜50代のビジネスパーソンを対象に、「ビジネスパーソンによる新年の意識調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ。計1,773名から回答を得ました。
2017年、最も注目しているのは「ドナルド・トランプ氏の就任」。次いで「ドラマ『半沢直樹』続編の放送」という結果に。
2017年に予定されている中で最も注目しているのは何かを聞いたところ、1月20日より第45代・アメリカ大統領に就任するドナルド・トランプ氏の政権がトップに。 次いで放送の予定が噂されているテレビドラマ『半沢直樹』の続編が挙げられました。(図1)
[画像1: https://prtimes.jp/i/10295/66/resize/d10295-66-628501-3.jpg ]

今年、期待しているテクノロジー。上位は「自動運転システム」「健康管理」「スマート家電」という結果に。
進化がめざましい「自動運転システム」が昨年と同様、期待するテクノロジーのトップに。(図2)
また、「ドローンによる配送サービス」は昨年の同調査と比較すると順位が上昇しており、ドローンへの関心がさらに高まっていることがわかります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10295/66/resize/d10295-66-993979-4.jpg ]

新年から力を入れたいことは全体の約半数で「貯金」がトップ。次いで「健康増進」「趣味」という結果に。
新年にあたり力を入れたいことは何かを聞いたところ「貯金」がトップに。(図3)
性別で比較すると上位の「貯金」や「健康」は女性の方がその意欲が高めであることがわかる結果となりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/10295/66/resize/d10295-66-106124-2.jpg ]

昨年に引き続き、不安を感じているのは「地震・自然災害」。
2016年は大規模な地震が多かったことから、全体の約7割が「地震・自然災害」に対しての不安を感じていることがわかる結果になりました。(図4)
[画像4: https://prtimes.jp/i/10295/66/resize/d10295-66-324781-1.jpg ]

■調査概要
調査方法 : インターネット調査
調査地域 : 全国
調査対象 : 20〜50代のビジネスパーソン、男女 1,773名
有効回答数 : 合計1,773サンプル(男性887サンプル・女性886サンプル)
調査日時 : 2016年12月22日(木)〜12月27日(火)

■リリースURL
http://www.vsn.co.jp/news/20170112.html

■PDF版URL
http://www.vsn.co.jp/news/pdf/20170112.pdf

■株式会社VSNについて
VSNは、約3,000名の正社員エンジニアを擁するアデコグループの技術系人材サービス会社です。
IT・情報通信、メカトロニクス・エレクトロニクス、バイオ・ケミストリー分野を主な技術分野としています。
http://www.vsn.co.jp/

■会社概要
会社名 / 商号 : 株式会社VSN
本社所在地 : 〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目4番1号 グランパークタワー3F
設立 : 2004年2月
資本金 : 10億63百万円
売上高 : 193億79百万円 (2015年12月期)
代表者 : 代表取締役社長・川崎 健一郎
事業内容 : IT、メカトロニクス、エレクトロニクス、ケミストリー分野におけるエンジニア派遣事業、開発請負ならびに有料職業紹介事業
拠点 : 仙台、宇都宮、新宿、横浜、名古屋、大阪、福岡
グループ会社 : VSNビジネスサポート
[画像5: https://prtimes.jp/i/10295/66/resize/d10295-66-167646-0.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る