• トップ
  • リリース
  • カブクとHonda、3Dプリントによる車両を共同製作。10月4日(火)からのCEATEC JAPAN 2016 に出展。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

カブクとHonda、3Dプリントによる車両を共同製作。10月4日(火)からのCEATEC JAPAN 2016 に出展。

(PR TIMES) 2016年10月03日(月)17時17分配信 PR TIMES

株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)は、本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 社長執行役員:八郷 隆弘、以下Honda)と、3Dプリント技術を活用した車両を共同製作し、10月4日(火)から7日(金)まで千葉県の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2016」に出展致します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/7606/65/resize/d7606-65-557671-0.jpg ]

本共同製作では、カブクが提供する、多様なユーザーニーズに対応したカスタマイズ商品をオンデマンドでデジタル製造する「Rinkak マス ・カスタマイゼーション・ソリューション」を活用し、ボディのデザイン/設計/製造を包括的に提供致しました。

[画像2: http://prtimes.jp/i/7606/65/resize/d7606-65-618160-10.jpg ]



具体的には、株式会社豊島屋(本社:神奈川県鎌倉市、社長:久保田 陽彦、以下豊島屋)が抱える、地域宅配サービスがしやすく宣伝もできる配送車両という、個別ニーズを反映させたマスカスタマイズ車両の共同製作を行いました。

[画像3: http://prtimes.jp/i/7606/65/resize/d7606-65-239506-11.jpg ]



鎌倉市に本店を構える豊島屋は、地域ならではの狭い道での宅配業務に課題を抱え、また宣伝のための車両開発は時間とコストがかかり、既成の車両を普段より使い続けていました。そこで、カブクが得意とする3Dプリンターを活用したデザイン/設計/製造を活用して個別ニーズに応え、マスカスタマイズされたオリジナル車両を提供致しました。

[画像4: http://prtimes.jp/i/7606/65/resize/d7606-65-581849-3.jpg ]

[画像5: http://prtimes.jp/i/7606/65/resize/d7606-65-816011-4.jpg ]


また本開発では、「Rinkak マス ・カスタマイゼーション・ソリューション」の提供により、迅速な3Dデザイン/3Dプリンター適用による金型レスの開発プロセス/デジタル製造工場ネットワークの活用が実施され、総工程を約2ヶ月に大幅短縮させ、時間もコストも削減したオリジナル車両を提供致しました。

[画像6: http://prtimes.jp/i/7606/65/resize/d7606-65-176352-5.jpg ]

[画像7: http://prtimes.jp/i/7606/65/resize/d7606-65-652071-6.jpg ]

[画像8: http://prtimes.jp/i/7606/65/resize/d7606-65-338463-7.jpg ]


なお、本プロジェクトによって生まれた車両を10月4日(火)から7日(金)まで千葉県の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2016」にて発表致します。

カブクは今後も、デジタル製造技術と工場ネットワークを活用し、「Rinkak マス・カスタマイゼーション・ソリューション」によるマスカスタマイズ商品の開発をあらゆる分野で実現してまいります。

■「CEATEC JAPAN 2016」出展概要
開催テーマ:つながる社会、共創する未来
開催日程:2016年10月4日(火)〜7日(金)
午前10:00〜午後5:00
開催場所:幕張メッセ 千葉市美浜区中瀬2-1
CEATEC JAPAN 公式ホームページURL:http://www.ceatec.com/ja/
Hondaブース位置:ホール2 小間番号2S93(https://www.ceatec.com/ja/exhibition/detail.html?id=6812
パネルディスカッション:「モノづくりからコトづくりへの転換 〜オープンイノベーションとカスタマイゼーション〜」をテーマとした、外部有識者によるパネルディスカッション(10月4日(火)午前9:30から、Hondaブースにて)

■Rinkakについて
Rinkakは株式会社カブクが提供するデジタルものづくりのマーケットプレイスと3Dプリントサービスのブランド名称となります。

■株式会社カブクについて
株式会社カブク( http://www.kabuku.co.jp )はデジタルものづくり技術をコアテクノロジーとした、 ハードウェアとソフトウェアとデザインを融合したプロダクト・サービス開発を行っています。「Rinkak Business(リンカクビジネス(https://www.rinkak-services.com/ja/business/)」では法人のお客様向けに3Dプリント技術のソリューション提供、デジタルクリエイターが世界で活躍するにあたってのサポート、 産官学連携による先端技術研究等に携わっています。

2014年には電通との業務提携を行い、トヨタ、オリンパス、マイクロソフト、スクエアエニックス、ロフト、コンランショップ、カルピス、フジテレビ、TBS、博報堂との協業実績があります。また、「Rinkak Factory(リンカクファクトリー)(https://www.rinkak-services.com/ja/factory/)」では、3Dプリンターで製造する工場向けのクラウド基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing MMS)(https://www.3dprinting-mms.com/ja/)」、世界中のお客様から3Dプリンター出力の製造受託できるパートナープログラムを提供しています。

━━ 会社概要 ━━
【社 名】 :株式会社カブク(Kabuku Inc.)
【所在地】 :東京都新宿区
【URL】  :http://www.kabuku.co.jp
【代表者】 :稲田 雅彦
【設立年月】:2013年1月
【事業内容】:インターネット関連サービス、コミュニティ運営、3DCAD・CG系ソフトウェアプロダクトの研究開発、プロダクトデザイン・開発、先端テクノロジーの研究



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る