• トップ
  • リリース
  • 「社会を明るくする運動」強調月間イベントで脳科学者・川島隆太教授が子どもへのインターネットの影響を解説! 【松戸市】

プレスリリース

  • 記事画像1

「社会を明るくする運動」強調月間イベントで脳科学者・川島隆太教授が子どもへのインターネットの影響を解説! 【松戸市】

(PR TIMES) 2016年07月01日(金)12時01分配信 PR TIMES

松戸市立小金中学校吹奏楽部のコンサートも開催されます!

「社会を明るくする運動」を知っていますか?犯罪や非行を防止し、犯罪者の更生についての知識を深め、地域で安全・安心な暮らしをつくることを目指すもので、毎年7月を強化月間としています。
今年松戸市ではこの運動の一環として、脳科学者の川島隆太氏による「生活習慣と子供の心身の発達〜脳科学から見るネット社会の影響〜」と題した講演会と、松戸市立小金中学校吹奏楽部によるコンサートを行います。
■イベント概要
事前予約不要です。当日直接会場にお越しください。

日時/平成28年7月23日(土)13時〜16時30分
会場/松戸市民会館(住所:千葉県松戸市松戸1389-1)
参加費/無料
定員/1200人
プログラム
(1)講演会「生活習慣と子供の心身の発達〜脳科学から見るネット社会の影響〜」
(2)松戸市立小金中学校吹奏楽部によるコンサート

■講師プロフィール

川島隆太(かわしまりゅうた)
[画像: http://prtimes.jp/i/15010/64/resize/d15010-64-699614-0.jpg ]



昭和34年生れ。千葉県千葉市出身。
東北大学加齢医学研究所 所長。


昭和60年東北大学医学部卒業、平成元年東北大学大学院医学研究科修了、スウェーデン王国カロリンスカ研究所客員研究員、東北大学加齢医学研究所助手、同講師、東北大学未来科学技術共同研究センター教授を経て平成18年より東北大学加齢医学研究所教授。平成21年より東北大学加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同研究センター長。平成26年より東北大学加齢医学研究所所長。

主な受賞として、平成20年「情報通信月間」総務大臣表彰、平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」、平成21年度井上春成賞。平成25年河北文化賞。査読付き英文学術論文250編以上、著書に「元気な脳が君たちの未来をひらく」(くもん出版)「さらば脳ブーム」(新潮新書)など、150冊以上を出版。

■社会を明るくする運動とは
「社会を明るくする運動」は、「犯罪・非行の防止と更生の援助のため、地域住民の理解と参加を求める」ことを目標に、犯罪や非行のない安全・安心な社会を築こうとする全国的な運動です。法務省において犯罪者予防更生法の施行日(1949年7月1日)にちなみ、 毎年7月を強化月間として啓発・周知を図っています。今年で第66回を迎えます。

社会を明るくする運動松戸地区推進委員会は、以下の団体で構成されています。

松戸市、松戸地区保護司会、松戸地区更生保護女性会、松戸市民生委員児童委員協議会、松戸市青少年相談員連絡協議会、松戸市少年補導員連絡協議会、松戸市社会福祉協議会、松戸市PTA連絡協議会

松戸市教育委員会では、川島氏とともに幼児教育ハンドブック「まつどっ子 未来のために今」を作成しています。下記URLをご参照ください。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisetsu-guide/kaikan_hole/kouminkan/youji-kyouiku.html

【本件に関するお問い合わせ先】
■松戸市 健康福祉部 地域福祉課
所在地:松戸市小根本7番地の8京葉ガスF松戸第2ビル5階
TEL:047-366-3019


FAX:047-366-1392

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る