• トップ
  • リリース
  • 飯田橋の月額制コーヒースタンド『coffee mafia』“店舗のメディア化”を目指し、バレンタインデーなどに向けたプロモーション開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

飯田橋の月額制コーヒースタンド『coffee mafia』“店舗のメディア化”を目指し、バレンタインデーなどに向けたプロモーション開始!

(PR TIMES) 2018年01月26日(金)12時01分配信 PR TIMES

第1弾は、王室御用達チョコレート『Galler(ガレー)』が毎日もらえるキャンペーン開催


食マーケティング専門企業の株式会社favy(代表取締役社長:高梨巧、本社:東京都新宿区)は、2018年1月26日(金)より、飯田橋で運営する定額制コーヒースタンド『coffee mafia』において、同店の会員限定でベルギー王室御用達のチョコレートブランド『Galler(ガレー)』のチョコレートを配布するキャンペーンを実施いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/16506/63/resize/d16506-63-770242-0.jpg ]


■『Galler(ガレー)』プレゼントキャンペーン開催の背景
日本にはまだ路面店のない『Galler(ガレー)』ですが、国内大手通販サイトにて売上1位を獲得したこともあるほどの実力派として知名度が上がっているチョコレートです。
バレンタインデーやホワイトデーのプレゼントにぴったりな高級感溢れる味わいと装いのチョコレートは、大切な人にももちろん、お仕事関係の方に贈るのにもおすすめな商品です。
今回のキャンペーンを通して、『coffee mafia』の会員様に、本チョコレートの味の良さ、カラフルながらもシックなパッケージなどの魅力訴求・認知拡大を目的として行います。

■『Galler(ガレー)』プレゼントキャンペーン開催概要
『coffee mafia』の会員様限定で『Galler(ガレー)』の「ミニバー」(全11フレーバー)の中からお一人様1日1本、ご来店時にプレゼントいたします。
開催期間:〜2018年2月下旬

■『Galler(ガレー)』について
ジャン・ガレー氏が1976年に創業し、1994年にベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド。カカオ、カカオバター、天然バニラなどの厳選された原材料にこだわり、植物性油脂、人工保存料、人工着色料を一切使用せずに作られたチョコレートは、口どけがなめらかで薫り高く深い味わいです。伝統的なベルギーのレシピを守りながら、進化し続け、新しいレシピだけではなくパッケージデザインにもこだわり、革新的なチョコレートを提供し続けています。
なお、今回のキャンペーンに際し、商品の提供は、『Galler(ガレー)』の日本オフィシャルパートナーである加藤貿易株式会社(代表取締役:加藤克也、本社:東京都港区)の協賛で実現しました。

■『coffee mafia』について
favyが運営する、飲食店のサブスクリプション(月額会員制)ビジネスモデルを検証する実証店舗です。現在西新宿と飯田橋で営業しており、飯田橋店では月額3,000円〜の定額会員になることで、ハンドドリップの高品質なコーヒーが1来店につき1杯、一日何度でも飲み放題でお楽しみいただけます。
またこの定額会員の皆様には、夜限定メニューのオリーブオイル100%で揚げた天ぷらなどをお得にお召し上がりいただける特典もございます。
通常の飲食サービス収入や会員収入だけではなく、会員の高頻度来店を前提とし、店頭で商品告知・サンプリングを行う”店舗のメディア化”による広告費収入も目指しており、本キャンペーンはその第1弾となります。

【店舗概要】
店名:coffee mafia
住所:東京都千代田区富士見2−12−13 1F
営業時間:8:00〜22:00(土日祝定休)
電話番号:070-1356-9092
http://iidabashi.coffeemafia.jp/

【会社概要】
会社名:株式会社favy
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-16-6 新宿タツミビル 7F
事業内容:飲食市場に特化したマーケティング支援および飲食店運営
http://favy.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る