• トップ
  • リリース
  • 秋の園芸シーズンの必需品!軽量で嫌な臭いを抑えた「DCMブランド らくらく土の改良材 増し土」新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

DCMホールディングス株式会社

秋の園芸シーズンの必需品!軽量で嫌な臭いを抑えた「DCMブランド らくらく土の改良材 増し土」新発売

(PR TIMES) 2018年08月08日(水)15時01分配信 PR TIMES

2018年8月24日(金)より、全国のDCM店舗(一部店舗を除く)で販売開始


 ホームセンター業界最大手のDCMホールディングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:久田宗弘)は、家庭菜園で使いやすい木質堆肥を原料とした土壌改良材「DCMブランド らくらく土の改良材 増し土」を、2018年8月24日(金)より、全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ・DCMくろがねや・ケーヨーデイツー店舗にて販売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22024/62/resize/d22024-62-372573-0.jpg ]



 家庭菜園や園芸が一般家庭で趣味として浸透する一方で、土づくりで主に使用される堆肥は重い、臭い、汚れるなど、女性やシニアを中心に敬遠されることが多く、不満の声もありました。
 当社ではこうした土づくりの作業負担を軽減するため、軽量で特有の嫌な臭いを抑えた扱いやすい改良材を開発しました。土に混ぜるだけで土壌環境を改善でき、秋の園芸シーズンに向け、土づくりをサポートするオリジナル商品として展開していきます。


■木質堆肥で軽く、嫌な臭いを抑えた植物由来の改良材
 そのままで増し土として活躍するほか、土に混ぜるだけで土がフカフカになり水もち・肥料もちが向上
 この度発売する「DCMブランド らくらく土の改良材 増し土」は、原料に樹皮を発酵させた木質堆肥を採用。植物由来のため、軽量で嫌な臭いが少なく、女性やシニアでも扱いやすい商品となっています。かさが減った土にそのまま足して、植物に必要な養分を補うことができるほか、古くなった土と混ぜることで、土がフカフカになり、保水力と肥料もちが向上します。花壇やプランターの減った土の補給や古くなった土の再利用など幅広く活用でき、これまで重労働で大変だった土づくりや改良を効率的に行うことができます。

■使用方法

[画像2: https://prtimes.jp/i/22024/62/resize/d22024-62-727656-1.jpg ]

【商品概要】

[画像3: https://prtimes.jp/i/22024/62/resize/d22024-62-192953-2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る