• トップ
  • リリース
  • 人事制度を改定し働き方改革を推進 シニアの活躍を応援 一生涯輝ける職場づくりへ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社ファンケル

人事制度を改定し働き方改革を推進 シニアの活躍を応援 一生涯輝ける職場づくりへ

(PR TIMES) 2017年04月11日(火)09時38分配信 PR TIMES

株式会社ファンケルは4月から、65歳で雇用契約が終了するこれまでの制度を改め、65歳以上でも勤務できる「アクティブシニア社員」という雇用区分を新たに設けました。当社は、今後も「社員が夢を持って働ける会社にする」という人事理念に基づき、自身の能力を発揮できる環境や仕組みの構築に取り組んでまいります。
◆新雇用区分「アクティブシニア社員」とは?
当社はこれまでも、65歳まで働き続けられる雇用制度を整えています。新しく設けた雇用区分「アクティブシニア社員」は、労働意欲が高く、今後も会社で力を発揮していただける65歳以上の社員を再雇用する制度で、嘱託社員や契約社員、パート社員など区分に関わらず対象となります。勤務日数や時間については会社が本人の希望を勘案して決定するため、それぞれのペースで柔軟に働くことが可能となります。また、定年年齢※はなく原則本人の元気とやる気が続く限り働くことができる制度です。(※正社員としての定年は60歳です。)

<雇用イメージ>
[画像1: https://prtimes.jp/i/17666/62/resize/d17666-62-224302-0.jpg ]



◆導入の背景
今後の日本の人口構成を考えた場合、少子高齢化の進展で、労働力の確保は一層困難になるとみられています。一方で、健康で高いスキルやノウハウを持つ65歳以上のシニア層に「働ける場を十分に提供できていない」という“不”が社会に存在します。そこで当社は、これまでに培ったスキルやノウハウを若い世代に継承しつつ、シニアが活躍できる労働環境が必要と考え、新雇用区分を導入しました。

<参考> 当社の人事理念・ビジョン・戦略
[画像2: https://prtimes.jp/i/17666/62/resize/d17666-62-568798-1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る